このページの本文へ

ソフトバンクモバイル、「iPad mini」「第4世代iPad」を発売

2012年11月30日 22時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2012年11月30日午前8時から、アップルの「iPad mini」および「iPad Retinaディスプレイモデル」(第4世代iPad)のWi-Fi+Cellularモデルが、ソフトバンクモバイルから発売された。

ソフトバンク銀座には午前7時30分の時点で約60人が列を作った。午前8時には約90人となった午前7時45分になると先頭から24人が発売セレモニーのステージ横に移動
店内では店員がスタンバイ

 東京・銀座のソフトバンク銀座では、午前8時までに約90人が列を作り、午前7時45分から発売を記念したセレモニーでは、ソフトバンクモバイル代表取締役副社長兼COOの宮内謙氏が登場。先頭に並んだ女性に「iPad mini」を直接手渡した。

発売セレモニーにおいて挨拶する宮内副社長
並んでいた人たちが店内に入る先頭に並んでいた女性に宮内副社長から手渡しされるiPad mini
「iPad mini」および「iPad Retinaディスプレイモデル」(第4世代iPad)発売カウントダウンの様子

 iPad miniは、7.9型液晶ディスプレーを搭載。iPad向けに開発された27万5000本のアプリケーションがそのまま利用できる。

 また、iPad Retinaディスプレイモデルは、9.7型の「Retinaディスプレイ」を搭載したモデルで、CPUにA6Xを搭載し、従来モデルに比べて2倍の高速化を図っている。

 いずれも、11月2日からWi-Fiモデルが発売されており、今日から新たにWi-Fi+Cellularモデルが、ソフトバンクモバイルとKDDIから発売された。

12月7日からオンエアされる新たなテレビCMも公開された。ELTがLTEとなって活躍する新シリーズだ

 ソフトバンクモバイルの宮内謙副社長は、「iPad miniはWi-Fiモデルが出てからずっと使っているが、軽くて、薄い。最初は画面が小さいと思ったが、新聞紙面を見ても問題がない。ジーンズやコートのポケットにも入り、女性のハンドバッグに入る。女性に人気が出ると思っていたが、女性が先頭に並んだことからもそれが証明された。一方で、より詳細な画質が求められる場合には、iPad Retinaディスプレイモデルがいい」とした。

ソフトバンク銀座に展示されたWi-Fi+CellularモデルのiPad mini

 さらに、「新たに下取りプログラムを開始する。Wi-Fiモデルを含め、iPadを最大で2万円で下取りするもの。これはソフトバンクだけのサービスである。また、それまで利用していた端末を家族用に新規契約するファミリープログラムも選択できる。

 一方で、ソフトバンクのLTEネットワークは、11月に劇的に改善している。実際に使ってみて、それを感じている。「iPhone 5」を発売したときには、山手線の一部でつながらないという声もあり、負けていたところもあったが、すでに山手線のすべてをカバーし、地方都市でも同様につながりやすくなっている。第三者機関からも速度が速いという結果が出ており、実感としても改善している」とした。

 先頭に並んだ女性は、iPad miniの64GB版を購入。「すでにiPadを持っているが、持ち運びにはiPad miniがいいと考えている。操作がしやすく、寝ながら見ることもできる。購入できて、I'm So Happy!。大切に使いたい」と語った。

 宮内副社長は取材陣の質問に対して、「iPad miniには、すごい手応えを感じている。だが、世界中で売れており、入荷数が足りないので、お待ちいただくことになる。auも同じ状況だろう。まずは、大きな店舗にしか配荷できないと考えている。今回は事前予約を行なっていなかったことで、モデルによってはなくなる可能性もある。全体ではWi-Fiモデルの出荷が多いだろうが、ソフトバンクショップでは、Wi-Fiモデルよりも、Wi-Fi+Cellularモデルが中心に売れていくことになる」とした。

 また、「料金プランの発表が前夜遅くなったが、これは通例であり、ぎりぎりまで交渉していた。これまでは、auと比較するとソフトバンクのネットワークは良くないといわれていたが、LTEネットワークに関しては、ソフトバンクが優位性を保てる。これに下取りプログラムにより、アグレッシブな料金体系を用意している。両社ががんばることで、スマートタブレット市場を拡大していける」などと語った。

iPad mini Wi-Fi+Cellularモデルの料金プラン

 加えて宮内副社長は、2012年12月1日から「スマホタダ割」キャンペーンを開始することを公表。「MNPでソフトバンクの携帯電話を購入した人を対象に、iPad miniの16GBのWi-Fiモデルを実質上プレゼントするもの」とした。

宮内副社長はスマホタダ割も訴求

 一方、アップルの銀座直営店「Apple Store,Ginza」では、午前10時の開店時間を10分前倒しにしてオープンした。

 こちらでは恒例のカウントダウンは行なわれなかったが、新たなiMacの発売日と重なったことで、iPad miniのWi-Fi+Cellularモデルに加えて、iMacを求めるユーザーも列を作り、オープン前には約50人が列を作っていた。

アップルストア銀座手は午前9時30分の時点で約20人が列を作ったアップルストア銀座では午前9時過ぎから整理券を配布。iMacの購入者も多かった
開店前にはアップルストアのスタッフが集まってミーティングカウントダウンはなく静かなオープン。定刻よりも10分早く開店
iPad miniのWi-Fi+Cellularモデルの手続きを行う来店客この日発売となった新iMacにも来店客が集中した
iMacを購入していく人も多いアップルストア銀座に展示されたiPad mini

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中