このページの本文へ

写真ですぐわかる「HTC J butterfly」 蝶のように美しい

2012年10月26日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 auと台湾HTCが協力して、日本仕様のモデル「HTC J」を開発し、今年の5月に発売した。それから半年あまり。5型の大型スマホとなってau冬モデルに登場した。

 「HTC J butterfly HTL21」と名付けられたHTCのニューモデルは、au冬スマホの中で最もハイスペックな1台。「HTC J」の後継機であり、WiMAX対応ではなくなり、LTE対応モデルになった。

 最大の特徴は、ディスプレー。スマホの中では唯一となる、5型のフルHD(1080×1920ドット)を実現。前モデルと比べても圧倒的な美しさを誇っている。もうひとつのトピックスはOSだ。ほかの冬モデルがAndroid 4.0を採用する中、HTC J butterflyはなんと最新のAndroid 4.1なのだ。

 そのほか、CPUはクアッドコアで1.5GHz動作の「Snapdragon S4 Pro APQ8064」、前モデルでは対応していなかった防水(防塵は未対応)と、下り最大9.2Mbpsの速度が出る「WIN HIGH SPEED」も使えるようになった。この端末ならフルHD動画を見る人も多いかと思うので、LTE圏外でも高速通信ができるのはかなり便利だ。

 従来のワンセグ、赤外線、おサイフケータイといった機能はもちろん続投。連写機能など高性能だったカメラも、リアカメラは広角になり、インカメラは画素数が210万画素になっただけでなく、リアと同じF値2.0の暗所に強いレンズが採用された。

 auの冬モデルは11月2日に一斉発売されるが、HTC J butterflyは12月上旬とちょっと先になる。しかし、待つ価値は十分あるスマホだ。

リアカメラはかなり広角の撮影ができるようになった今回はイヤホンは付属しないが、BeatsAudioは健在
HTC Jと同じく、ディスプレーのフチがラウンドしたデザインになっている
前モデルのHTC Jと比べてみると、これだけ大きくなっていることがわかる。HTC Jも、決して小さい端末ではないのだが
レッドの色味が変更された。ラメはより細かく、赤はより鮮やかになったフルHDで再生する動画は美しい。前モデルと比べてもかなり差があるように感じた
ブラックの背面パネルは従来通りマットな仕上がりウィジェットやキーなど、好評だった部分はそのまま継承されている
au「HTC J butterfly HTL21」の主なスペック
メーカー HTC
ディスプレー 5型液晶
画面解像度 1080×1920ドット
サイズ 約71×143×9.1mm
重量 約140g
CPU Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz
(クアッドコア)
メモリー容量 ROM:16GB/RAM:2GB
外部メモリー microSHDC(最大32GB)
OS Android 4.1
LTE対応
WIN HIGH SPEED
無線LAN 2.4/5GHz対応
テザリング ○(最大8台)
国際ローミング CDMA/GSM/W-CDMA
カメラ画素数 リア:約800万画素CMOS/イン:約210万画素CMOS
バッテリー容量 2020mAh
FeliCa ○(+NFC)
ワンセグ
赤外線
防水/防塵 ○/×
SIM形状 microSIM
連続待受時間(3G/LTE) 検討中
連続通話時間(3G) 検討中
カラバリ 赤/白/黒
発売時期 12月上旬

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART