このページの本文へ

スマホ特許訴訟—東京地裁、サムスンの「データ同期」特許侵害認めず

2012年08月31日 17時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォン/タブレットの特許について、アップルが日本サムスンとサムスン電子ジャパンに対して起こしている損害賠償裁判で、東京地方裁判所はサムスンの特許侵害を認めず、アップルの訴えを退けた。サムスン製「GALAXY」8機種の販売差し止めを求める仮処分申し立ても却下した。アップル側が控訴すれば、知財高裁で審理が続く。各メディアが伝えている。

 現在世界10ヵ国で起こしているアップル/サムスン特許裁判において、日本の場合アップルは、パソコンとスマートフォン/タブレット間で音楽データの更新を行なう「同期」に関する技術について、サムスン側を特許権侵害で訴えていた。

 サムスン電子ジャパンは、「当社は米国アップル社の特許権に抵触するものではなく、全く別の技術であると強く主張しておりました。判決は当社の主張の正当性を認めたものであって、極めて妥当なものと考えております」とコメントした。

 なお、同期に関する訴えは、アメリカで起こされていた特許訴訟には含まれていない。アップルは別途4件でサムスン側を訴えており、これらもどのような判決となるか注目されている。

 アメリカでは、8月24日(米国時間)にAppleとSamsung Electronicsの特許侵害裁判の判決がなされている。内容は、Appleが保持する7件の特許を侵害したとして、Samsungに対して10億5000万ドルの賠償責任が発生するという、Appleにとってほぼ完全勝利に近いもの。今回の東京地裁判決は、米国での判決後初の海外認定裁判として注目を集めていた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART