このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

GALAXY NoteのAndroid 4.0アップデートが近日登場

さらにできるようになったな! 4.0版GALAXY Noteを体験

2012年08月28日 16時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Android 2.3ベースのGALAXY Note(左)と、Android 4.0ベースのGALAXY Note。パッと見た目は変わらないようだが、中身はけっこう変わっているぞ

 5.3型有機ELディスプレーによる大画面と、タッチペン(Sペン)を生かした独特のアプリケーション、高速通信「Xi」対応が魅力のスマートフォン「docomo NEXT series GALAXY Note SC-05D」。Android 2.3(Gingerbread)を搭載して販売されているGALAXY Noteだが、待望のAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich、以下ICS)へのアップデートが、近日中に提供開始の予定だ(関連記事)。

 ASCII.jpではICSをプレインストールしたGALAXY Noteを、一足早く体験する機会を得た。最新OS搭載で生まれ変わったGALAXY Noteは、どこが変わっているのだろうか?

Androidバージョン情報欄を見ると、燦然と輝く「4.0.4」の文字が!

ICSベースでより使いやすくなった
GALAXY Note

 元々が高速なCPU(Snapdragon APQ8060 1.5GHz)と1GBのメモリーを搭載していたこともあり、GALAXY NoteはAndroid 2.3の頃から動作が快適だった。ICSベースのGALAXY Noteではその快適さはそのままに、ユーザーインターフェースの各所が改善されて、より使いやすくなっている。

 設定画面のトップには、使用頻度の高い無線機能のオン/オフスイッチが並ぶようになり、切り替えやすくなった。そのすぐ下にはデータ通信の使用量を表示する機能が追加され、WWAN系(Xi、3G)と無線LANのそれぞれで、どれくらいの通信をしたかの確認や、通信量が一定範囲を超えた場合の警告しきい値設定が簡単にできる。毎月のデータ通信量を手軽に把握できる便利な機能だ。

設定画面の一番目立つところに、無線LANとBluetoothのオン/オフスイッチがついたスイッチの下にある「データの使用」をタップすると、データ通信量をグラフ化して表示する画面に。毎月の通信量が簡単に把握できて便利だ
タスク管理機能も使いやすくなった。ホームボタン長押しでサムネイル付きの一覧が表示され、一覧からアプリに切り替えたり、一覧から削除したりできる。タスクマネージャーも同様に使いやすくなって、アプリのメモリー使用状況を把握しやすくなった

 端末のロック/解除機能には、新しくインカメラで顔を認識して解除する「フェイスアンロック」が加わった。使ってみると認識速度はかなり早く、使い勝手は良好だ。ただし設定の際に説明も出るように、パスワードやPINコードよりもセキュリティーレベルとしては低いものと扱われているので、使う際にはリスクと利便性をよく考えてから選ぶべきだろう。

画面ロックに、自分の顔をカメラに映して解除する「フェイスアンロック」が追加登録時は一定時間自分の顔をカメラに映し続ける。写真でも認識するし、よく似た顔には反応する可能性もあるので、セキュリティーレベルは低い

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART