このページの本文へ

サムスンの5型スマホ(?)「GALAXY Note」が発表!

2012年03月28日 13時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
カラバリは写真のCeramic Whiteのみ

 サムスン電子ジャパンは都内で「GALAXY Note WORLD TOUR Japan」と題した製品発表会を開催。世界的なヒットモデルとなっている(3月末の時点で500万台出荷)、「GALAXY Note」をドコモからリリースすることを発表した。発売日は4月6日。明日3月29日から予約を受け付ける。

 ドコモから「docomo NEXT series GALAXY Note SC-05D」として、発売される本機の特徴は2つ。スマートフォンとしては大柄とも感じられる5.3型ディスプレーと、「Sペン」と名付けられたペン操作への対応だろう。

 5.3型ディスプレーはサムスン電子独自の「HD SUPER AMOLED」。画面解像度は800×1280ドットでクリアな表示が特徴的。「Sペン」はワコムの技術を用いた軽快なタッチ操作が可能で、文字やイラストなど多様な使い方が可能。

大きい、大きいと言われるGALAXY Noteだが、執筆担当の手(平均より若干大きめ)であれば十分スマホと呼べる範疇で使える。もっともこれは使う人の手のサイズや使い方次第なので、実際に手に取らずに判断するのではなく、まずは販売店の店頭などで試していただきたい

 通信機能でもドコモの高速通信サービス「Xi」に対応。2500mAhの大容量バッテリーと組み合わせて、テザリング機能でも活躍しそうだ。CPUも1.5GHz動作のSnapdragonと非常に高速だ。

世界的にはすでに500万台出荷のヒット商品となっている
発表会では、コミック「TOKYO BARDO」の作画、アニメ「精霊の守り人」「009 RE:CYBORG」のキャラクターデザインなどで知られる麻生我等氏が、GALAXY Noteを使って、サクサクとイラストを描く様子が実演された
Xiの文字が目立つ。ペンは本体下部から取り出す
タッチ&トライ会場では、GALAXY Noteを用いて似顔絵を描く実演も。製品には背面のバッテリー蓋と交換して用いるジャケットカバーが付属するが、ヒット製品だけあって、世界ではすでに多数のサードパーティー製周辺機器が多数存在する。人気グローバルモデルはこれもお楽しみの1つである

ドコモ「GALAXY Note SC-05D」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 5.3型有機EL(HD Super AMOLED)
画面解像度 800×1280ドット
サイズ 約83×147×9.7mm
重量 約184g
CPU Snapdragon APQ8060 1.5GHz(デュアルコア)
OS Android 2.3
Xi対応
3G最大通信速度(下り/上り) 14Mbps/5.7Mbps
カメラ画素数 リア:約810万画素CMOS/イン:約196万画素CMOS
バッテリー容量 2500mAh
テザリング
NFC
FeliCa ×
ワンセグ
赤外線 ×
防水 ×
Qi ×
連続待受時間 約310時間
連続通話時間 約430分
カラバリ Ceramic White
発売時期 4月6日

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART