このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

2012夏 注目モデル Xperia GX&SXレビュー ― 第2回

今週発売のXperia新シリーズに接近!

まもなく発売 Xperia GX&SXのホーム画面をチェックする

2012年08月09日 15時00分更新

文● mobileASCII編集部 高橋章憲

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本記事は「mobileASCII」(http://mobileascii.jp/)に掲載された内容から転載したものです。mobileASCIIのWebサイトにアクセスするには、右のロゴをクリック!

ソフトウェアキーが特徴的な新Xperia GX&SX!
伝統のホーム画面は、これまでのコンセプト

 Xperiaシリーズの最新モデル「Xperia GX SO-04D」と「Xperia SX SO-05D」は、ソニー・エリクソンから、ソニーモバイルコミュニケーションズに社名変更して初めての国内発売モデル。OSにAndroid 4.0を採用し、高速通信規格「Xi」にも対応したことで、これまでのシリーズから大きく魅力を増した意欲作となっています。

 前回は主にスペックとハードウェア面を紹介しましたが(関連記事)、今回は、特にAndroid 4.0を得て、どう進化したのか見ていきましょう。

すべての操作はソフトウェア・キーに変更

 Android 4.0は、操作キーをディスプレー内に表示されるソフトウェアキーでもできるのが特徴で、Xperia GXとSXは両方とも同じソフトウェアキーを採用しています。

 これによって本体にハードウェアキーを備える必要がなくなるため、部品点数を減らすことができ、故障率も下げられるというメリットがあります。新しいXperiaの2機種を使いこなす上で、このソフトウェアキーは一番最初に慣れる必要がある部分となります。

 キーは、左から「戻る」「ホーム」「最近使ったアプリ」となっています。Android 2.3ではメニューキーが配置されていた場所にある「最近使ったアプリ」キーは、過去に使用したアプリへ素早くアクセスするための、履歴ウインドウを開くためのキーとなっています。Android 4.0では、メニューキーの位置が使うアプリや設定画面によって位置が変わりますので、初めのうちは戸惑いますが、1日ほど触っていれば慣れてくるでしょう。

Xperia GX(左)とSX(右)は、共にソフトウェア・キーを採用。店頭で触れる機会があれば、タッチセンサーキーとは違う、独特なフィーリングを体験してみてください!
右端の「最近使ったアプリ」キーをタップすると、上の写真のように、過去に使用したアプリの履歴画面が開きます。再度起動したい場合は、表示されるアプリ画面をタップします

ホーム画面はdocomoの「Pallet UI」と
「Xperiaホーム」の切り替えが可能

 ホーム画面は、初回のセットアップ時にドコモの「Pallet UI」とソニー独自ホームである「Xperiaホーム」を選択できるようになっています。ショップでセットアップしてもらうときには、「Pallet UI」に設定される場合が多いと思いますが、後から自分で「Xperiaホーム」に変更することも可能です。やはりXperiaを使うからには、ホーム画面もXperia純正を使うのをオススメします。

 以降、このページでホーム画面というときは「Xperiaホーム」を指します。

初回のセットアップ時に、「ドコモアプリケーション」と「Xperiaアプリケーション」のどちらを優先して使うのか選ぶことができます
左写真が「Xperiaホーム」で、右写真が「Pallet UI」。Xperiaの機能を100%使いたいのなら、やはり「Xperiaホーム」での使用がオススメです

Xperia GXとSXのホーム画面は、基本的に同一

 Xperia GXとSXのホーム画面は、ソフトウェアキーが目立つ以外は、Android 2.3搭載のXperiaシリーズ(Xperia acro HDやNXなど)のホーム画面と大きく違うところはありません。Xperiaのアイデンティティーともなっているオーロラのようなライブ壁紙「Cosmic Flow」も、同じものを踏襲しています。ホーム画面の枚数は全部で5枚で、これも以前のXperiaシリーズのものと変わりません。

Android 4.0になったXperiaのロック画面。鍵マークを左から右へフリックすればロック解除、カメラマークを右から左にフリックすればカメラのクイック起動ができるようになっています
写真はXperia SXのホーム画面ですが、Xperia GXのホーム画面も基本的に同一です。「Xperiaホーム」を使うと、写真ウィジェットやTimescapeウィジェットが使えるようになります

 次のページでは、ホーム画面の操作について紹介します。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART