このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

食事はネコと共用の皿で!?

元気が出る爆笑コミック『留学のほえづら』!【試し読みあり】

2012年08月06日 21時00分更新

文● 第9編集部 第2書籍課 丸岡 巧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「海外留学」の実態は、阿鼻叫喚の地獄だった!?

 このたび株式会社アスキー・メディアワークスより、英語圏への語学留学に行って、悲惨な(しかし、はたから見ると大笑いできて、元気をもらえる)体験をしてきた22人に話を聞いて構成されたコミックエッセイ『留学のほえづら もう笑うしかない!海外留学生22人の泣きっつら体験』が発売されました。

『留学のほえづら もう笑うしかない!海外留学生22人の泣きっつら体験』/発行:アスキー・メディアワークス/発売:角川グループパブリッシング/沼越康則&ふじいまさこ 著/定価:1000円(本体:952円)/版型:A5(176ページ)/ISBN:978-4-04-886439-8/発売中

 同書の原作者は、アメリカでのビジネスを通じて200人以上の友人・知人がアメリカにできたという、日本人離れしたインターフェイスとバイタリティを持つ沼越康則氏。彼の知り合いの、これまた膨大な数の海外留学経験者たち(日本人)に取材し、そのなかから、大いに笑える悲惨な体験ばかりをよりすぐったのが、同書の内容です。

 その逸話の数々を楽しいコミックに仕立てたのが、多くの女性誌などで活躍中の海外嫌い&日本大好きの自称ぐうたら漫画家ふじいまさこ氏。

 彼女の画力&まんが力と沼越氏のバイタリティにより、悲惨な体験の数々が、なぜか読み手に元気と生きる勇気を与える内容に仕立てられています。

(C)Yasunori Numakoshi (C)Masako Fujii
(C)Yasunori Numakoshi (C)Masako Fujii

 留学先で、「毎日、猫と同じ皿で飯を食わされていた!?」「いきなり部屋に乗り込まれて手錠をかけられた!?」――なんで、そんなヒドい目にあっちゃうの……? そんな、日本から出たことの無い方には信じられないかもしれない実体験談が、この本には満載されています。

試し読み(1)「こんな同居人は嫌だ」

(C)Yasunori Numakoshi (C)Masako Fujii
(C)Yasunori Numakoshi (C)Masako Fujii
(C)Yasunori Numakoshi (C)Masako Fujii
■Amazon.co.jpで購入

(次ページ【試し読み(2)「テレフォンショッキング!」】へ続く)

前へ 1 2 次へ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1127 (2017年5月23日発行)

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

ASCII.jp特設サイト

電撃25周年公式サイト
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

プレミアムPC試用レポート アスキー・ビジネスセレクション

ASCII 春のベストセレクション2017

解決方法を教えます! LINE駆け込み寺

ズバッと解決! Windows 10探偵団

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

ASCII.jp RSS2.0 配信中