このページの本文へ

イー・モバイルからAndroid 4.0搭載の薄型スマホが登場!

2012年05月31日 16時57分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

薄型(7.9mm)・軽量(110g)の
スタイリッシュスマホ「GS03」がイーモバから!

 イー・アクセスは、イー・モバイルのスマートフォンのニューモデル「GS03」(ファーウェイ製)を6月14日に発売する。

 「GS03」は、現在のスマホのスタンダードである1.5GHz動作のデュアルコアCPU(OMAP4460)を搭載し、下り最大21Mbpsに対応したモデル。搭載されているAndroid 4.0はイー・モバイルでは初めてとなる。UIは独自の「マジック3D」を搭載し、ホーム画面もグリグリ動く。ロック解除時に直接アプリを起動できたり、顔認証に対応するなど、最新OS、最新スペックに相応しい機能が装備されている。

 ディスプレーは4.3型(540×960ドット)のスーパー有機ELを採用。本体サイズは幅65×奥行き129×高さ7.9mm、重さは約110gと軽量コンパクト。カメラはフロントが130万画素、リアが800万画素と実用性十分。バッテリー容量は1650mAhと、そんなに多くはないが少ないというわけではない。ただし、背面パネルは取り外しができないのでバッテリーも取り出すことはできない。microSDカードスロットは側面にあり、最大で32GBのmicroSDHCカードに対応している。

GS03オリジナルのUI「マジック3D」

 通信方式はWCDMAとGSMに対応。速度は下りが最大21Mbps、上りが最大5.8Mbps。また、イー・モバイルの特長であるPocket WiFiウィジェットを搭載し、ワンタッチでテザリングを起動することができる。残念ながらEMOBILE LTEには対応していない。

WiFiウィジェットをタップするだけでテザリングが起動する

 気になる値段はベーシックで5万8800円、シンプルにねん加入で4万8840円、シンプルにねん+アシスト2000加入で100円。月額料金は下記を参照。

 GS03を発売前に少し触ることができたので、フォトレポートをお届けしよう。

ホーム画面。有機ELだからか、発色がキレイ背面は端末下部とカメラ部分が盛り上がっている
ハードキーはナシ。アイコンデザインは独特のものだカメラは800万画素とかなり高画質
右側面にはmicroSDカードスロットと電源ボタンがある左側面にはボリュームキー。Android 4.0なので、電源ボタンとボリュームキー下でスクリーンショットが撮れる
端末上部はmicroUSB端子、USIMカードスロット、イヤホンジャックが並ぶ下部はマイクのみ
ロック解除画面から直接アプリを起動できるショートカットも。顔認証解除にも対応OSは最新のAndroid 4.0
カメラはフィルターが充実しており、こんな遊びもできる。うーん、キモイアーティスティックなフィルターも多数。写真はエンボス
他のAndroid端末とは違うデザインなので、独自性が強いイー・モバイル専用のアプリも豊富
  イー・モバイル「GS03」スペック
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 4.3型有機EL
画面解像度 540×960ドット
サイズ 約65×129×7.9(最厚部10.3)mm
重量 約110g
CPU 1.5GHz(デュアルコア)
OS Android 4.0
カメラ画素数 リア:約800万画素CMOS/イン:130約万画素
バッテリー容量 1650mAh
FeliCa ×
ワンセグ ×
赤外線 ×
防水 ×
Bluetooth 3.0
連続待受時間 約450時間
連続通話時間 約480分
通信速度 下り:最大21Mbps、上り:最大5.8Mbps
テザリング
同時接続台数 8台(連続通信時間:360分)
カラバリ ブラック
発売時期 6月14日

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART