このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新型OS/サービス、Mac新製品の噂が続出

アップル、新SNS/薄型Retinaノート発表か?―WWDC 2012

2012年05月15日 10時30分更新

文● 鈴木淳也(Junya Suzuki)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月11日(米国時間)、アップルの開発者カンファレンス「WWDC 2012」(WorldWide Developer Conference 2012)が米カリフォルニア州サンフランシスコでスタートする。開催まですでに1ヵ月を切った状態だが、ここでの発表内容をいまから心待ちにしているユーザーも多いことだろう。今回は、そんなWWDCに関連して出てきた噂について、いくつかまとめてみる。

2012年のWWDCは期待できる!?

 “開発者カンファレンス”の冠が付くことから分かるように、本来WWDCはOS X/iOSプラットフォームをターゲットに開発を行なうデベロッパーのためのイベントだ。だが同時に、カンファレンス初日の基調講演の場で新サービスや新ハードが発表されることもあり、アップル公式の数少ない製品発表の場としても知られている(「One more thing…」のフレーズは有名だろう)。

 また、従来WWDCにおける主なテーマは「Mac用のOS」に関する話だったが、最近ではこれに加えて主力プラットフォームになりつつある「iOSや関連デバイス」に関する話も増えている。初代iPhoneからiPhone 4まで、4世代ぶんのiPhoneがWWDCの場で発表され続けたこともあり、「新型iPhoneはWWDCで発表される」といった見方もあったが、最新のiPhone 4Sは昨年2011年10月のスペシャルイベントで発表されており、このジンクスは崩れている。実際のところ、今年もどうなるかは分からない。

 そんな中で、ひとつ確実だとみられるのが、すでに予告されているMac用次期OS「OS X Mountain Lion」に関する最新情報と、次期iOSバージョン(iOS 6?)に関する情報が公開されることだ。

 WWDCはアプリケーション開発者をターゲットとしていることもあり、次期OSに関する情報を公開し、早期対応を促す狙いがある。実際、過去のOS Xについても、少なくとも発売の約半年前までには開発者に対する情報提供とベータ版の配布を開始しており、iOSについても同様だ。iPhoneの場合、発売される3〜4ヵ月前には詳細情報の公開とベータ版配布が行なわれている。

 過去のケースでいえば、iPhoneが6〜7月に発売されていたころには、次期iOSの最新情報を3〜4月には公開していたし、前回のiPhone 4Sのケースでもその直前の6月のWWDCで公開されている。もし次期iPhoneが今年の9〜10月というタイミングに新OSを搭載して発売されるのであれば、その最新OSに関する情報が今年のWWDC 2012を皮切りに公開されることだろう。

前へ 1 2 3 4 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中