このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第235回

サクサク動いて猫撮りも快適! 富士フイルム「X10」

2012年01月27日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ISO 2500とは思えないしっかりした写りにびっくり。温かい風呂場でほよんとしてる「かふか」です(2012年1月 富士フイルム X10)
ISO 2500とは思えないしっかりした写りにびっくり。温かい風呂場でほよんとしてる「かふか」です(2012年1月 富士フイルム X10)

 最近、高級系のデジタルカメラに注目が集まってる。上位モデルじゃなくて「高級モデル」。大人の道楽デジカメって感じかな。

 飽きが来なくて質実剛健なデザインで、作りもしっかりしていて、しかも性能もいい。小さく軽く安くではなく、黒くて四角くて鉄っぽくてずしっとくるところがいいのである。

 こういう大人のカメラは首からぶら下げて撮影散歩したり、街のちょっとしたスナップを撮るのに向いているのだけど、この連載ではもちろん猫を撮るのだ! と富士フイルムの「X10」(実売価格7万円前後)を使ってみるのである。

真っ黒なフロントにマニュアルズームのレンズが特徴の「X10」。一見地味なんだけど、ボタンやダイヤルひとつひとつにまで凝った作りが質実剛健でいいのだ。ズーム倍率は4倍止まりだけど、その分レンズが明るくてクオリティが高い
真っ黒なフロントにマニュアルズームのレンズが特徴の「X10」。一見地味なんだけど、ボタンやダイヤルひとつひとつにまで凝った作りが質実剛健でいいのだ。ズーム倍率は4倍止まりだけど、その分レンズが明るくてクオリティが高い

 実はこれ、ナニゲに猫撮りにいい。理由は三つ。まず、速くてサクサクと撮れる。レンズ部分がマニュアルズーム兼電源スイッチになっていて、レンズ部をぐりっと回すとレンズがうにっと出てきて電源が入って、そのまま撮りたいズーム位置まで持っていくのだ。この動作が気持ちいい。

 で、ピントを合わせて撮る。このシャッターを押したときの反応と感触がいい。撮りたい瞬間にククッって感じで撮れる。撮る瞬間が気持ちいいというのはカメラとしてとっても大事なことなのだ。

 でも、あまりにシャッターを切るタイミングがよくて、そこには……「何見てんだよお。ギロッ」な顔が。勝手に撮ってすみません。

カメラを向けたらこっちに気づいてギロリの図。ちょっとやさぐれた感じがよいですな(2011年11月 富士フイルム X10)
カメラを向けたらこっちに気づいてギロリの図。ちょっとやさぐれた感じがよいですな(2011年11月 富士フイルム X10)

 この猫、実は餌の順番待ち中。後ろにもう1匹の猫がほんのりとぼけて写っているんだけど、この猫が食べ終わって移動するのを待っていたのである。えらいもんだなあ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART