このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

JRAからギャルゲーがきたよー! 「My sweet ウマドンナ」プレイ日記

まったく、競走馬は最高だぜ!!

2011年12月27日 13時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

主人公が競走馬な美少女AVGってどういうことですか

 12月某日、メールボックスに編集氏から謎のURLが届いていた。とりあえずクリックしてみたところ、“ギャルギャル”でかつ、すげー“美少女アニメなOP”がスタート。そして次に表示されたのが、以下の画像だ。

衝撃のタイトル画面。「My sweet ウマドンナ~僕は君のウマ~」。M男ならぬ、M馬全開のタイトルで大変よろしい

 「あなたも競走馬になって、3人のウマドンナたちと夢の舞台を目指そう!」

 いったいどういうことなの……。


ウマドンナは3人、主人公は三歳牡馬

 さてはてとなってしまったので、編集氏に電話してみたところ、このゲームのプレイレポートを「好き」に書けという。ではスタートしてみようか……。

 まずはストーリー。主人馬は自信がなく臆病な性格の三歳牡馬。成長が遅めでデビューの時期が遅れたが、ポテンシャルを買われて「夢路厩舎」にやってきたというところから始まる。そこで出会った3人のウマドンナ(ヒロインのことだ。牝馬じゃないぞ)たちとのイベントを通して、レースの先にある何かを見るという目的を胸に、時に優しく、時に厳しく、あんなことやこんなことをされちゃうゲームだ。胸が高鳴るな!

オープニングから。きっとこいつが主人公
はい、それでは注目のウマドンナ入場です。ひとりめは、厩務員:松田あすか。ちっちゃいドジッ子で元気いっぱい。ナイステンプレート! いわゆる優しく素直な癒し系担当(CV:豊崎愛生)
ふたりめは、調教師:夢路寿。クール系。紹介文だとクール系とだけあるのだが、そのうちデレるに違いないタイプだ(CV:佐藤利奈)
最後は、騎手:藤沢紅莉栖。デビュー間もないながら、リーディングトップな天才ジョッキー。馬たちの憧れの存在(CV:遠藤綾)

 人気声優ばかりを集めているあたりから、ただのギャルゲーにする気がないなぁと思いつつ、スタッフリストを見たら、アニメーション制作はプロダクションIG。キャラクター原案は「ブギーポップは笑わない」(電撃文庫)の緒方剛志、シナリオは「ロウきゅーぶ!」(電撃文庫)の蒼山サグだ。

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】水着だらけのPCゲーミング大会

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART