このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

豪華スタッフがお送りする注目のウェブコミュニケーションコンテンツを紹介!

君は再びウマになる!帰ってきた「ウマドンナ2」の魅力をお届け

2012年12月17日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部 ナカムラ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2011年最強の「ウマゲー」が
ヒロイン追加でさらにパワーアップして帰ってくる!

 昨年JRA(日本中央競馬会)のウェブコンテンツとして公開され、「プレイヤーが"ウマ"となり、世話をしてくれるヒロインと交流する」という斬新すぎる設定で一躍話題となった「My sweet ウマドンナ」。話題性のみならず、豪華スタッフによるハイクオリティーなアニメーションやCGなど、無料のウェブコンテンツとは思えない本気の作りこみがユーザーを魅了した。

 そしてついに今月、続編が配信された。12月23日の「有馬記念」に合わせて公開中の「My sweet ウマドンナ2 ~ウマすぐ Kiss Me~」の魅力をいち早くお届けしていく。

前作に引き続き豪華スタッフが集結!

(※画像は前作のもの)

 制作を手がけるスタッフ陣が豪華なことでも話題になった「ウマドンナ」。今作でも、シナリオは電撃文庫『ロウきゅーぶ!』の著者・蒼山サグ氏、キャラクター原案は電撃文庫『ブギーポップは笑わない』のイラストレーター・緒方剛志氏が担当する。また、アニメーションやCGを制作するのは、『攻殻機動隊』『PHYCHO-PASS サイコパス』などを手がけるプロダクションI.Gだ。

 前作に引き続きヒロインを演じるのは豊崎愛生さん、佐藤利奈さん、遠藤綾さんの3人。さらに今作では新たなヒロインが登場するという。

What's ウマドンナ?

 「ウマドンナ」はウェブ上でプレイするゲームだ。恋愛シミュレーションゲームと同様に、選択肢によって行動を選びゲームを進めていく。ヒロインとコミュニケーションをとって仲良くなると、特別なシーンを描いたCGが見られる。

 「ウマドンナ1」はPCとケータイ、「ウマドンナ2」はPCとスマホでプレイが可能(ムービーはPCのみ)。「ウマドンナ1」「ウマドンナ2」はともにTwitterやFacebookと連携している。

ウェブで無料で遊べるゲームとは思えないハイクオリティーなアニメーションやイラストが用意されている(※画像は前作のもの)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART