このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第227回

猫を求めて暗渠を更に奥に、奥に……

2011年11月25日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
目の前を通り過ぎる猫を目で追いつつ、へろーんとしてるおっとり猫。口元に愛嬌があって可愛い。こいつが一番ひとなつっこかったなあ(2011年11月 パナソニック DMC-G3)
目の前を通り過ぎる猫を目で追いつつ、へろーんとしてるおっとり猫。口元に愛嬌があって可愛い。こいつが一番ひとなつっこかったなあ(2011年11月 パナソニック DMC-G3)

 先週の続きであります。河川跡の暗渠(あんきょ)を上流に向かって「猫に出会えるといいなあ」とお祈りしながら散歩する話。うまく猫に出会えれば「撮影散歩」だし、ダメだったら単なるポタリング(自転車散歩)というわけで。

 歩道の一部に合体したり(歩道の幅が不自然に広くなるのですぐわかる)、公園の一部に組み込まれたりしながら、川跡は続くのだが、道路を渡るときふと右を見ると猫発見。首輪をしているのでこのあたりの飼い猫だ。

赤い首輪をして路上でのんびりしてました。よく見ると腹が結構出てる(2011年11月 パナソニック DMC-G3)
赤い首輪をして路上でのんびりしてました。よく見ると腹が結構出てる(2011年11月 パナソニック DMC-G3)

 カメラを向けたらちょこちょこと歩き出したのでその動きを追うと、さらにもう1匹(冒頭写真)。

 おお、気がつくと3匹が並んでる。

 ちなみに、この写真のように「オートバイ進入禁止」のクルマ止めがあるので、猫的にも安心なのだ。奥に向かって進んでいく道が緑道として整備されてる暗渠である。

奥まで続く暗渠の途中にある小さな広場に猫集結。このあたりの飼い猫たちで、多少人が近寄っても平気。ただ、真ん中の猫だけはそそくさと退散中(2011年11月 パナソニック DMC-G3)
奥まで続く暗渠の途中にある小さな広場に猫集結。このあたりの飼い猫たちで、多少人が近寄っても平気。ただ、真ん中の猫だけはそそくさと退散中(2011年11月 パナソニック DMC-G3)

 3匹(最初の1匹を入れると合計4匹)もいると性格もさまざま。1匹はやたら人なつこくて、撮影しようとしゃがんだら、とことこと近づいてきたので撫でてあげる。

人なつっこい子が近づいてきたら、もちろん撫でてあげます。左手で撫でながら右手で撮影(2011年11月 ニコン COOLPIX AW100)
人なつっこい子が近づいてきたら、もちろん撫でてあげます。左手で撫でながら右手で撮影(2011年11月 ニコン COOLPIX AW100)

 素直に撫でられてくれるよい子でした。

 別の猫は人の姿を見るととことこと緑道から逸れて、カバーをかけて止めてあるスクーターの上にぴょん。多分この家で飼われているのだろう。どうかな。首輪つきのと首輪なしのがいたんだけど。

普段は使われていなさそうなスクーター(だと思うのだが)の上にぴょこんと飛び乗ってこちらを監視中。横にひもがみえる。この紐の先に猫がつながれてるとこを見たことがあるんだが、この日はいなかった(2011年11月 パナソニック DMC-G3)
普段は使われていなさそうなスクーター(だと思うのだが)の上にぴょこんと飛び乗ってこちらを監視中。横にひもがみえる。この紐の先に猫がつながれてるとこを見たことがあるんだが、この日はいなかった(2011年11月 パナソニック DMC-G3)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART