このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「iOS 5」はここが変わった! 最新機能を大紹介 ― 第2回

「iOS 5」―カメラ機能の使い勝手が大幅向上、撮影が快適に

2011年10月20日 12時00分更新

文● 小山安博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルのモバイル向けOSであるiOS最新版となる「iOS 5」が登場した。最新機能を紹介していく短期集中連載の第2回では、カメラ機能について紹介する。さらに便利で使いやすくなっており、iPhone/iPod touchによる写真/ビデオ撮影が楽しくなるはずだ。

シャッターチャンスを逃さない

 iOS 5では、カメラ機能にも新機能が追加されている。気軽に撮影できるというiOSのカメラの特徴はそのままに、さらに使いやすくなっているのが特徴だ。

 カメラを起動すると、自動的にAFが動作し、シャッターアイコンをタップすればすぐに撮影できる。また、画面の任意の位置をタップすると、その場所にAF/AEが動作する。シャッターアイコンの右には静止画/動画切り替え、左には直前に撮影した画像のプレビューが表示されるのは従来通り。なお顔検出機能については、最大10人の顔の露出調整が可能だが、顔の正面から捉える必要がある。

カメラも一見すると、あまり従来と変わらない大きな違いは「オプション」の項目。HDRとグリッドのオン/オフが選べる

 画面上部には、左から「フラッシュ」、「オプション」、「イン/アウトカメラ切り替え」が並ぶ。従来と違うのは中央のオプションアイコン。これをタップするとオプションのメニューがドロップダウンして、「グリッド」と「HDR」のオン/オフを設定できる。HDRは従来通りの機能だが、新たにグリッド表示が可能になった。水平を取る場合などに便利だ。

 デジタルズーム機能では、新たに画面上でピンチ操作することで画面が拡大するようになり、素早くズーミングできるようになった。

グリッド線を追加すると、水平を取ったり構図を決めるときに便利デジタルズーム機能も従来通り搭載だが、ピンチ操作で拡大縮小できるようになった

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中