このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

「iOS 5」はここが変わった! 最新機能を大紹介 ― 第1回

「iOS 5」—インストールのポイントと「通知センター」

2011年10月14日 12時00分更新

文● 小山安博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルのモバイル向けOSの最新版、「iOS 5」が登場した。200を超える新機能を追加し、使い勝手や利便性のさらなる向上が図られている。ライバルとなるAndroidの新バージョン登場を前に一足先にリリースされた、iOS 5の新機能をチェックしてみた。

iOS 5のホーム画面。一見すると大きく変化したように見えないが、アップルならではといえる、よく練られた新機能がふんだんに盛り込まれている

「iOS 5」インストールのポイント

 iOS 5のインストールは、いつも通りiTunesにiPhoneなどの対応端末を接続してアップデートを行なう。後述するが、iOS 5以降はOTA(Over The Air)でのOSアップデートに対応しており、今後はiTunes経由のアップデートは不要となる見込みだ。

 アップデートをすると、まず最初にセットアップウィザードが立ち上がり、無線LANやGPSを使った「位置情報サービス」のオン/オフ、無線LAN設定、バックアップの復元、Apple IDの登録といった設定を順次行なっていく。

アップデート後のセットアップ画面。ウィザードに従って順次設定をしていく
位置情報やWi-Fiネットワークの設定など、セットアップ時に設定する

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中