このページの本文へ

アップル、「iOS 5.0.1」公開—バッテリー駆動時間問題を修正

2011年11月11日 09時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが、iPod touch/iPhone/iPad用OSの新バージョン、「iOS 5.0.1」を公開。「iOS 5.0.1 ソフトウェアアップデート」として配信が開始された。対応デバイスは、iPod touch(第3世代以降)/iPhone 3GS以降/iPadシリーズ。対応デバイスをMac OS X/Windows上のiTunesに接続する必要はなく、OTA(Over The Air)機能により直接アップデートできる。

「iOS 5.0.1」が公開。対応デバイスをMac OS X/Windows上のiTunesに接続する必要はなく、OTA(Over The Air)機能により直接アップデートできる

 iOS 5.0.1では、バッテリー駆動時間、iCloudを介したデータ共有機能「Documents in the Cloud」に関する問題が修正されたほか、オーストラリア英語による音声入力時の認識精度が向上した。

 また、初代iPadでマルチタスキングジェスチャーが利用可能となった。4本または5本の指で画面上側にスワイプするとマルチタスキングバーが表示され、ピンチするとホーム画面に戻るようになる。左右にスワイプするとアプリケーションを切り替えられる。


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

2018年の自作業界はコレが来る