このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ポッカGTでレースフォトグラファー体験講座【後編】

流し撮りを身につけるならプロに教わるべし!

2011年10月08日 12時00分更新

文● 林 佑樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

後編では決勝日の様子をお届け

 前回に引き続き、レースフォトグラファー体験講座のレポートをお届けする。今回は決勝から講座終了までだ。最後に、みなさん待望のレースクイーン写真も大量に放出! 出し惜しみしてスイマセン! というわけで、後編のレポは写真多めだ。

 参加した講座日の集合時間は朝8時30分。7時あたりに起きて、SKYPLAZAで朝食を取って食事を取って、鈴鹿サーキット交通教育センターへ移動する。交通教育センターで直前のブリーフィングや機材の貸し出しなどがあるからだ。決勝日だけ参加という人もいるため、注意事項の確認が中心だが、この日は雨が強かったため、気象配置図やアメダスなどを見つつ、カメラにカッパを装着したり、外の様子を見つつ「フリー走行あるかなぁ?」と気にする様子が多かった。

 キヤノンの協力で機材の貸し出しもある。将来の購入計画の参考になればということで、貸し出しされているのだ。ニコン派の人が講座で借りて、キヤノン派にチェンジなんていうこともあるが、とてもお高くて普段は触る機会が少ない「白バズーカ」を好き勝手に弄れるのは、たしかにいい経験になるし、購入の参考になる。また本講座はすっごいレベルが高そうだが、コンデジしか持ってないという人にも、ボディの貸し出し制度があるので、積極的に参加してもらいたい。レクチャーを受けつつ、一眼で実際に撮影してみて、どういうものか知ってから買えば失敗は少ない。

直前ブリーフィングの様子。準備をしつつ話を聞くといった感じ
キヤノンの協力で用意された、貸し出し機材の一覧。ボディもあるため、購入を検討している人にオススメ。実際に使って、賢く戦略的に機材購入する一助になればという、キヤノンの粋な計らいだ。もちろん、ミラーレス一眼しか使ったことないよ、という人にも安心だ。使い方が分からなければ、講師や周りの人に聞けばOK
この日の行動スケジュール。フリー走行と決勝開始までの合間は長いようだが、ピットウォークへ行ったり、充電したりとやることも多い雨なのでカメラにもレイン装備を施した。濡れなきゃいいので、実にさっぱりとした応急対処で済ませた

フリー走行はサービスロードで撮影です!

 だいぶ雨が強いが、フリー走行を行なうとのアナウンスを聞いてから移動開始。ずらずらとバズーカを背負った講座参加者が移動していく。けっこう面白い光景だ。ちなみに、サービスロードの位置は下の写真で把握してもらいたい。

今回の撮影場所。大きく囲っているところがサービスロード。小さいほうがシケインずらずらとサービスロードに向かい始める。総額いくらだろう……と思いつつ、バズーカを背負った最後尾から見ていた
S字コーナー激感エリア近くのトンネルから、アウト側へ移動特に足場が悪いので、鈴木センセはひとりひとりに注意を促していた
トンネル内は水の浸入が多々ある。ここを出るといよいよサービスロードだ
サービスロードに到着。S字から第2コーナーや逆バンクまでも撮りやすいナイススポット。ここからは自由行動になるため、自分が撮りたいと思った場所で撮影ができる。時間管理も自分自身で行なうので、腕時計などを用意しておくといい

 まずは久しぶりということで、S字周辺で撮影することにした。それほど速度も出ていないし、真横、正面、後ろを狙いやすいからだ。このときのシャッター速度はふたケタ台ではなく、1/250でも十分に流れてくれる。距離が近く、かつ望遠だからだ。わかりにくい方は、左手を胸に当てて、右手を伸ばして体を横に振ってみよう。左手がカメラ、右手が車両だ。右手の距離を胸に近づけるほど、同じ振り幅でも見た目の移動距離が大きくなる。つまり、同じシャッター速度でも流れる距離が変化するというわけだ。

 基本シャッター速度は1/250~1/500。ブレが不安であれば、最初は1/500でいいだろう。また今回のように雨天時であれば、思い切って1/60といった低速シャッターで遊んでもいい(露出オーバーの心配が少ないので)。デジタルだから失敗した写真はデリートすればいいだけだ。いい時代だなぁ。

1/200で流したもの。観客席からこれくらい流すのは、1/80ほどじゃないと無理だろうか。手ぶれ率も低いため、積極的に狙っていけるのだ距離が近いことを活かせば、トリミング的なカットも自在。雨天であればウォータースクリーンも演出に利用できる

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社