このページの本文へ

双眼鏡とフルHDハンディカムが一体化!?

3Dビデオカメラにもなるソニーの電子双眼鏡に触ってみた

2011年09月30日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「DEV-3」 「DEV-3」。仕様的には3Dハンディカム「HDR-TD10」に近い

 ソニーから、フルHD動画の撮影が可能な電子双眼鏡「DEV-3」が発表された。11月11日発売予定で、予想実売価格は13万円前後となる。

 現在の一般的な“録画機能付き双眼鏡”は、見るためのレンズとは別に撮影用のレンズ(&録画ユニット)を搭載する。しかし本機は、双眼鏡に1/4型CMOSセンサー(Exmor R)を2つ埋め込んで録画機能を完全に一体化。見ている映像をそのまま録画できるのが特徴だ。

同社のデジカメなどで採用されている「Gレンズ」を2つ搭載
同社のデジカメなどで採用されている「Gレンズ」を2つ搭載
外観はかなりガッチリとした印象。ただし防塵防滴仕様ではない 上部にはボタン類が多数。中央にはアクセサリーシューがあり、同社の一眼デジカメ用外部モニター「CLM-V55」などを装着できる
外観はかなりガッチリとした印象。ただし防塵防滴仕様ではない上部にはボタン類が多数。中央にはアクセサリーシューがあり、同社の一眼デジカメ用外部モニター「CLM-V55」などを装着できる

 レンズは0.8~10倍までの光学ズームが可能で、AFによる自動ピント合わせもできる。さらに縦、横、回転ブレに対応する手ブレ補正機能(アクティブモード)まで搭載する。

側面には音声入出力やHDMI出力、USB端子などを搭載する 側面には音声入出力やHDMI出力、USB端子などを搭載する

 動画撮影は60p(AVCHD Progressive)に対応するほか、3D撮影にも対応。HDMI出力を装備しており、テレビに撮影した映像を出力することも可能だ。なお、3D撮影時のズーム倍率は0.5~5.4倍となる。

本体前方にメモリーカードスロットを搭載 上部にはマイクを内蔵する
本体前方にメモリーカードスロットを搭載上部にはマイクを内蔵する

 内蔵メモリーは搭載せず、データはメモリーカード(SDメモリーカードもしくはメモリースティック DUO)に保存される。なお、静止画(2D)撮影も可能だが、動画と静止画の同時記録はできない。

電子ビューファインダーを採用。目幅の調整や左右の液晶パネルの輝度調整なども行なえる 底面にある電池室。オプションの大容量バッテリー用が収まるように空きスペースがある。大容量バッテリーなら2Dで約9時間40分使える
電子ビューファインダーを採用。目幅の調整や左右の液晶パネルの輝度調整なども行なえる底面にある電池室。オプションの大容量バッテリー用が収まるように空きスペースがある。大容量バッテリーなら2Dで約9時間40分使える

 ファインダーは電子ビューファインダーで、122.7万画素、0.45型の液晶パネルを2つ搭載。2Dはもちろん3D表示も可能だ。

 本機の特性上、見るだけであっても電源(バッテリー)が不可欠になる。バッテリーによる駆動時間は2D表示で約4時間50分、3D表示で約4時間20分。連続撮影時間は、2Dで約3時間、3Dで約2時間40分となる。

 なお、DEV-3はコンシューマー向けだが、業務向けのハイエンドモデル「DEV-5V」(予想実売価格20万円前後)も同時に発表されている。DEV-3と基本機能は変わらないが、DEV-5Vには最大20倍のデジタルズームとGPS機能が備わっている。さらにキャリングケースやストラップ、大型アイカップなどが付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン