このページの本文へ

価格は2万4980円で年末発売! 新型PSP「Vita」が発表!

2011年06月07日 18時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、次世代携帯型エンタテインメントシステム「コードネーム:NGP」と呼ばれていた、「プレイステーション・ポータブル」(PSP)の後継機の名称を「PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ)」に決定したと発表した。Wi-Fiモデルと、3G/Wi-Fiモデルの2種類が用意されており、価格はWi-Fiモデルが2万4980円、3G/Wi-Fiモデルは2万9980円で、2011年末から順次発売する。

「PlayStation Vita(プレイステーション ヴィータ)」

 PS Vitaは、本体前面のマルチタッチに対応した5型の有機ELディスプレイと、本体背面のマルチタッチパッドを組み合わせての利用を想定。ゲームプレイに“触る・つかむ・なぞる・押し出す・引っ張る”といった立体的な感覚を取り込むことができ、PS Vita上で展開されるゲームの世界を“直接触る”新しい体験が可能になるという。

 また、プレイヤー間のコミュニティーを円滑にするために、複数のユーザー同士でボイスチャットやテキストチャットを楽しめるアプリケーション「Party(パーティ)」を新規に開発して搭載する。

 アナログスティックは本体前面の左右に2つ搭載しているほか、前面と背面にはカメラを内蔵している。センサーとして、6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)と3軸電子コンパス機能を備える。

前面背面
右側面左側面
上側下側

 ネットワーク機能として、GPS(3G/Wi-Fiモデルのみ)やIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 2.1+EDR準拠(A2DP/AVRCP/HSP対応)を備える。
 本体サイズは幅182.0×奥行き83.5×高さ18.6mm。CPUはARM Cortex-A9 core(4コア)、GPUはSGX543MP4+を搭載する。

 端子としては、PlayStation Vitaカードスロット、メモリーカードスロット、SIMカードスロット (3G/Wi-Fi モデルのみ)を用意。

 PS Vitaと同時に発売するタイトルとして、同社では「GRAVITY DAZE」、「リトルデビアンツ」、「アンチャ―テッド」、「みんなのGOLF NEXT」、「リアリティファイター」、「ハスラーキング」、「モッドネーション」、「ワイプアウト」、「スターストライク」などを予定しているという。

PS3と連動できる3Dディスプレーも同時に発表

 併せて、「プレイステーション3」と接続することで、3D立体視に対応したゲームを楽しめる24型の「3Dディスプレー」を発表した。日米欧アジアの各地域で2011年秋から順次発売する。価格は3DメガネとHDMIケーブル、PS3用ゲーム「RESISTANCE 3」を同梱して、499.99USドル(約4万円)。3Dメガネは69.99ドル(約5600円)で単体販売も行なう。

3Dディスプレー

 3D信号には、フレームパッキング、トップアンドボトム、サイドバイサイドの3方式に対応する。3Dメガネを使用することで、2人でプレイするゲームで、プレイヤーそれぞれに異なる映像を表示できる新機能も搭載している。

 主なスペックは、解像度は1920×1080ドット、コントラスト比は5000:1、応答速度は4ms、視野角が上下左右176度。本体サイズが幅650×奥行き207×高さ391mm、重量は5.7kg(スタンド含む)。入力端子はHDMI×2、コンポーネント×1を装備している。


カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社