このページの本文へ

Gigabyte「GA-Z68X-UD7-B3」「GA-Z68X-UD5-B3」「GA-Z68X-UD4-B3」「GA-Z68MX-UD2H-B3」「GA-Z68MA-D2H-B3」

本日解禁! Z68対応マザーが一斉発売!【Gigabyte編】

2011年05月11日 23時21分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日正式発表と同時に発売がスタートした「Z68」チップセット搭載マザーボード。GigabyteからはATXからmicro ATXまで計5モデルが店頭に並んでいる。チップセットの詳細についてはこちらを参照してもらいたい。

Gigabyte
ATXからMicro ATXまで計5モデルが店頭に並んでいるGigabyte。他社を大きく上回るラインナップの豊富さは、同社の意気込みの高さを伺わせる

「GA-Z68X-UD7-B3」

「GA-Z68X-UD7-B3」
Z68搭載マザーのフラッグシップとなる「GA-Z68X-UD7-B3」。価格は3万円オーバーと高価ながら、現状では他メーカーも含め、一番ハイスペックなモデルとなる

 Gigabyte製Z68搭載マザーのフラッグシップとなる「GA-Z68X-UD7-B3」。PCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を追加搭載することで、3-way SLIと3-way CrossFire Xをサポート。24フェーズにおよぶCPU周りの電源回路のほか、ヒートパイプを使った大掛かりな冷却機構などが特徴だ。
 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×4(動作モードはx16+x16+x0+x0もしくはx8+x8+x8+x8)、PCI Express(2.0) x1×1、PCI×2。メモリスロットはDDR3が4本、対応はDDR3-2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066MHzで、最大32GBまで搭載可能だ。
 オンボードインターフェイスには、デュアルギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)や8chサウンド(Realtek/ALC892)、SATA2.0×4、SATA3.0×6(eSATA×2含む)、IEEE1394、USB3.0×10(ルネサステクノロジ/μPD720200×2+VLI/VL810×2)などを搭載。フォームファクタはATXとなる。
 価格は以下の通り高価ながら、現状では他メーカーも含め、一番ハイスペックなモデルとなる。

マニュアル 拡張スロット I/O部
PCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を追加搭載することで、3-way SLIと3-way CrossFire Xをサポート。なおI/O部に映像出力端子はなく、CPU内蔵のVGA機能は利用できない
価格ショップ
「GA-Z68X-UD7-B3」
¥33,970フェイス秋葉原本店
¥33,980クレバリー1号店
ソフマップリユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
TWOTOP秋葉原本店
ZOA秋葉原本店
¥39,980ドスパラ パーツ館

「GA-Z68X-UD5-B3」

「GA-Z68X-UD5-B3」
20フェーズにおよぶCPU周りの電源回路を搭載するハイエンドモデル「GA-Z68X-UD5-B3」

 20フェーズにおよぶCPU周りの電源回路を搭載するハイエンドモデル「GA-Z68X-UD5-B3」。2-WayのCrossFire XとSLI両サポートとなる拡張スロットはPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express(2.0) x16×1(x8動作)、PCI Express(2.0) x16×1(x4動作)、PCI Express(2.0) x1×1、PCI×2。メモリスロットはDDR3が4本で、対応はDDR3-2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066MHz、最大32GBまで搭載可能だ。
 オンボードインターフェイスには、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)や8chサウンド(Realtek/ALC889)、SATA2.0×4、SATA3.0×4(eSATA×2含む)、IEEE1394、USB3.0×8(ルネサステクノロジ/μPD720200+VLI/VL810×2)などを搭載。さらに、3.5インチベイに搭載可能なUSB3.0フロントパネルが付属している。

POP
USB3.0は計8ポートを搭載。付属品には3.5インチベイに搭載可能なUSB3.0フロントパネルが用意されている
価格ショップ
「GA-Z68X-UD5-B3」
¥25,970フェイス秋葉原本店
¥25,980クレバリー1号店
ソフマップリユース総合館
ソフマップ駅前店
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
TWOTOP秋葉原本店
ZOA秋葉原本店
¥29,980ドスパラ パーツ館

「GA-Z68X-UD4-B3」

「GA-Z68X-UD4-B3」Z68採用のATXフォームファクタ採用モデルとしてはスタンダードな仕様となる「GA-Z68X-UD4-B3」

 Z68採用のATXフォームファクタ採用モデルとしてはスタンダードな仕様となる「GA-Z68X-UD4-B3」。主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express(2.0) x16×1(x8動作)、PCI Express(2.0) x1×2、PCI×2という構成で、CrossFire XとSLI両サポート。メモリスロットはDDR3が4本で対応はDDR3-2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066MHz、最大32GBまで搭載可能。
 オンボードインターフェイスには、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)や8chサウンド(Realtek/ALC889)、SATA2.0×4、SATA3.0×6(eSATA×2含む)、IEEE1394、USB3.0×4(Etron EJ168×2)などを搭載する。

拡張スロット
拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express(2.0) x16×1(x8動作)、PCI Express(2.0) x16×2、PCI×2という構成でCrossFire XとSLI両サポート。こちらもI/O部に映像出力端子はなく、CPU内蔵のVGA機能は利用できない
価格ショップ
「GA-Z68X-UD4-B3」
¥20,970フェイス秋葉原本店
¥20,980クレバリー1号店
ソフマップリユース総合館
ソフマップ駅前店
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
TWOTOP秋葉原本店
ZOA秋葉原本店
¥24,980ドスパラ パーツ館

「GA-Z68MX-UD2H-B3」

「GA-Z68MX-UD2H-B3」
micro ATXフォームファクタ対応のハイエンドモデル「GA-Z68MX-UD2H-B3」。CrossFire XとSLI両サポートとなる

 micro ATXフォームファクタ対応のハイエンドモデルとなるのが「GA-Z68MX-UD2H-B3」だ。I/O部の映像出力にはHDMI/DVI-D/D-subに加えてDisplayPortが追加された4系統仕様。CPU内蔵のVGA機能を利用できる。
 主なスペックは拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express(2.0) x16×1(x8動作)、PCI Express(2.0) x16×1(x4動作)、PCI Express(2.0) x1×という構成で、CrossFire XとSLI両サポート。メモリスロットはDDR3が4本で、対応はDDR3-2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066MHz、最大32GBまで搭載可能だ。
 オンボードインターフェイスにはギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)や8chサウンド(Realtek/ALC889)、SATA2.0×4(eSATA×1含む)、SATA3.0×4、USB3.0×4(Etron EJ168×2)などを搭載する。

I/O部
I/O部の映像出力にはHDMI/DVI-D/D-subに加えてDisplayPortが追加された4系統仕様。CPU内蔵のVGA機能を利用できる
価格ショップ
「GA-Z68MX-UD2H-B3」
¥15,480クレバリー1号店
¥15,970フェイス秋葉原本店
ソフマップリユース総合館
ソフマップ駅前店
¥15,980ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
TWOTOP秋葉原本店
ドスパラ パーツ館
ZOA秋葉原本店

「GA-Z68MA-D2H-B3」

「GA-Z68MA-D2H-B3」
micro ATXフォームファクタ対応のスタンダードモデルとなる「GA-Z68MA-D2H-B3」。ローエンドのCore i3シリーズと組みわせるにはちょうどいいモデルだ

 micro ATXフォームファクタ対応のスタンダードモデルとなる「GA-Z68MA-D2H-B3」。I/O部の映像出力にはHDMI/DVI-D/D-subでDisplayPortは省略されている。
 主なスペックは拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express(2.0) x16×1(x8動作)、PCI Express(2.0) x16×1(x4動作)、PCI Express(2.0) x1×という構成で、CrossFire XとSLI両サポートする点は前述の「GA-Z68MX-UD2H-B3」と同じ。メモリスロットはDDR3が4本で、対応はDDR3-2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066MHz、最大32GBまで搭載可能だ。
 その他、オンボードインターフェイスにはギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)や8chサウンド(Realtek/ALC889)、SATA2.0×4、SATA3.0×2、USB3.0×2(Etron EJ168)などを搭載する。ローエンドのCore i3シリーズ等と組みわせるにはちょうどいいモデルといえる。

価格ショップ
「GA-Z68MA-D2H-B3」
¥13,480クレバリー1号店
¥13,970フェイス秋葉原本店
¥13,980ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
TWOTOP秋葉原本店
ドスパラ パーツ館
ZOA秋葉原本店
¥14,980ソフマップリユース総合館
ソフマップ駅前店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

人気PCゲーム実況しまくる「ゲーマーへの道」

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中