このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

話題の「Office 365」をiPadで使ってみた!!

2011年04月27日 22時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クラウドだからこそ「iPad」で活用したい!

 ついにパブリックベータテストが開始された「Microsoft Office 365」(関連記事)。これまでWindows Live IDユーザー向けに無償提供されてきたWebアプリ「Office Web Apps」にWebベースのOutlookを追加し、それをExchangeとSharePointでホスティング、さらにVoIPなどコミュニケーション機能を備えるMicrosoft Lyncを加えた統合オンラインサービスだ。

いよいよパブリックベータテストが開始された「Microsoft Office 365」。iPadでも利用できるか?

 Office 365の商用サービスとしての位置付けは、クラウド型メッセージング/コラボレーションサービス「Microsoft Business Productivity Online Suite」(BPOS)の後継版だ。ただし料金は大幅に見直され、BPOSの1ユーザーあたり月額1044円(250名未満の場合)に対し、最安値のプランで月額600円(暫定価格、Office 365 for professionals and small businesses/プラン P1)と約4割も安く設定されている。

 そのプランだが、日本マイクロソフトでは以下のものを用意している。なお、パブリックベータテストは「プラン P1」だ。

「Microsoft Office 365」
プラン名称 ファミリー 説明
Office 365
for Professional
and Small Business
プラン P1 従業員数25名以下でITスタッフのいない組織向けを想定。パブリックベータテストは、このプラン P1となっている
Office 365
for Enterprise
プラン E1〜E4 情報系など中規模/大規模企業を想定
プラン K1〜K2 店頭や工場での利用を想定

 以上のようなサービスとしてのバックグラウンドを見ると、少ないリソースで動作する分、パソコンよりタブレット端末やスマートフォンでの利用に適していると考えられるが、正式にサポートされるOSはWindows 7/Vista SP2/XP SP3以降/Windows XP Home Edition/Windows XP Media Center Editionと、Mac OS X 10.5 Leopard/10.6 Snow Leopardとなっている。

 しかし、ウェブブラウザーはInternet Explorer 7以降のほか、Firefox 3以降とSafari 3以降がサポートされている。ということは、機能をフルに利用できないにしても、iPadでの利用も選択肢としてありうるだろう。

動作環境として正式サポートされるMac OS XのSafariでは、特に支障なくWord文書を編集できる。「Microsoft Office for Mac 2011」との連携もバッチリ

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中