このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Macで「Windows Live」が便利になった!?

2010年11月09日 21時30分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Microsoft Office for Mac 2011」で実現された新機能の1つに、オンラインを通じた文書の共有がある。そのバックエンドに利用されている「Windows Live」は、名前こそWindowsと付くが、実はMac OS Xにもフレンドリーなサービスに生まれ変わったようだ。

 ということで、Macでどのようなことができるのか、マイクロソフトはどのように考えているのか? そこのところを、マイクロソフト 社長室 コーポレートコミュニケーション部 PRマネージャー 飯田 征樹氏、コンシューマー&オンラインマーケティング統括本部 ウィンドウズライブ本部 プロダクトマネージャー 宇野 誠氏、コンシューマー&オンラインマーケティング統括本部 ウィンドウズライブ本部 プロダクトマネージャー 内河 恵氏に伺った。

マイクロソフト 社長室 コーポレートコミュニケーション部 PRマネージャー 飯田 征樹氏コンシューマー&オンラインマーケティング統括本部 ウィンドウズライブ本部 プロダクトマネージャー 宇野 誠氏コンシューマー&オンラインマーケティング統括本部 ウィンドウズライブ本部 プロダクトマネージャー 内河 恵氏

— マイクロソフトにとって、そしてMac OS XユーザーにとってのWindows Liveとはどのようなものでしょうか?

宇野:Windows Liveは、コンシューマー向けに無償提供しているウェブサービスとソフトウェア群の総称です。マイクロソフトがインターネットで展開中のサービスを大きく3種に分けた場合、検索では「Bing」、コンテンツポータルでは「MSN」、そしてコミュニケーションと共有の分野が「Windows Live」となります。コミュニケーションを具体的にいいますと、ウェブメールの「Windows Live Hotmail」(以下、Hotmail)やIM(インスタントメッセンジャー)の「Windows Live メッセンジャー」(Mac OS X版は「Messenger for Mac」、以下Messenger)ですね。

「Bing」「MSN」
「Windows Live」
「Windows Live Hotmail」「Messenger for Mac」

— 現在の「Windows Live」の状況を教えてください。

宇野:全世界のアクティブユーザーが5億人以上、規模としてはSNS大手のFacebookと同じです。日本国内のユーザーは700万人になります。Windows Live メッセンジャーによるサービスは3.3億人で世界第1位、日本も600万人で1位です。ウェブメールのHotmailは約3.6億人で世界第1位、日本は510万人で国内第2位です。オンラインサービス全体では、滞在時間で測った場合のシェアは12%と把握しています。

Macユーザーは意外に知らない、オンラインに占める「Windows Live」の規模

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII.jp RSS2.0 配信中