このページの本文へ

マイクロソフト、「Office Web Apps」のiPad対応を発表

2012年08月22日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトが、同社ブログ「Office Web Apps blog」上にて、「Office Web Apps」次期版プレビューをWindows 8タブレット端末およびiPadに対応させたことを明らかにした。iPad用ウェブブラウザーSafariでアクセスすることで、スワイプ/フリック/ピンチ/タップ/ドラッグなどの操作が可能。Safari上でデータの新規作成/編集が行なえる。

「Excel Web App」iPad上の場合、Excel Web App上での複数セル選択が困難
「Word Web App」「Powerpoint Web App」

 iPadでアクセスして何も表示されない場合は、Mac上のSafariなどから設定を変更する必要がある。まずMicrosoft アカウント(旧Windows Live ID)でログイン後、Office Web Appsページの右上のメニューから「オプション」を選ぶ。次に、ページ左側に表示されるオプションペインから「Office プレビュー」を選択し、「Office Web Apps プレビューに参加する」を選んで保存するといい。

SkyDrive App
価格無料 作者Microsoft
バージョン2.1 ファイル容量6.5 MB
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.0以降


カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中