このページの本文へ

Sandy Bridgeこと新Core iシリーズが登場 ― 第13回

Intel「Core i3-2100」、「Core i3-2100T」、「Core i3-2120」

マザーないけど…… Sandy Bridgeの「Core i3」がデビュー!

2011年02月20日 00時01分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「Sandy Bridge」の開発コード名で知られるインテル製CPUで、第2世代「Core i3」シリーズとなる3モデルの販売が、本日20日から一斉にスタートする。

「Core i3」 「Core i3」
「Sandy Bridge」のデュアルコアモデルとなる第2世代「Core i3」シリーズ3モデルがデビュー。対応マザーがないという異常事態の中での販売解禁となった

 発売されるのは「Core i3-2100」と「Core i3-2100T」、「Core i3-2120」の3モデル。主なスペックは表の通りで、いずれも2コア/4スレッド対応の製品。LLCは3MB、内蔵GPUはIntel HD Graphics 2000(最大周波数1100MHz)となっている。
 クロック周波数は「i3-2100」が3.1GHz、「i3-2100T」が2.5GHz、「i3-2120」が3.3GHzで、ターボ・ブーストは非サポート。TDPは「i3-2100」と「i3-2120」が65W、省電力モデルとなる「i3-2100T」が35Wというスペックだ。

「Core i3」スペック表
CPU Core i3-2120 Core i3-2100 Core i3-2100T
コア数 2
スレッド数 4
動作クロック 3.3GHz 3.1GHz 2.5GHz
ターボブースト 非対応
倍率ロックフリー 非対応
LLC 3MB
内蔵グラフィックス機能 Intel HD Graphics 2000
内蔵グラフィックス周波数 1100MHz
TDP 65W 35W
「Core i3-2100T」 「Core i3-2100T」
TDP35Wの省電力モデルとなる「Core i3-2100T」。「H67」採用のMini-ITXマザーなどと組み合わせて運用したいCPUだ

 価格は以下の通り。デュアルコアモデルとはいえ、約1万円強という販売価格は非常に魅力的だ。1万円前後で販売されている安価な「H67」採用マザーと組み合わせても、かなり強力なPCが構築可能となるだろう。
 とはいえ、ご存じの通り対応マザーボードは販売停止中という状況。「マザーがあれば、かなりの売れ行きが見込めるモデルなんですけどね」(某ショップ)と語る店員も多く、改めてマザーボードの販売停止の影響を思い知らされる結果となっている。

「Core i3-2100」 「Core i3-2100T」 「Core i3-2120」
クロック周波数3.1GHzの「Core i3-2100」クロック周波数2.5GHzの「Core i3-2100T」クロック周波数3.3GHzの「Core i3-2120」
価格ショップ
「Core i3-2100」
¥10,970TWOTOP秋葉原本店
フェイス秋葉原本店
¥10,980アーク
ドスパラ秋葉原本店
パソコンハウス東映
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ZOA秋葉原本店
¥11,480クレバリー1号店
「Core i3-2100T」
¥11,470TWOTOP秋葉原本店
フェイス秋葉原本店
¥11,480ドスパラ秋葉原本店
¥11,580パソコンハウス東映
¥11,680ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
¥11,800アーク
¥11,980クレバリー1号店
ZOA秋葉原本店
「Core i3-2120」
¥12,770TWOTOP秋葉原本店
フェイス秋葉原本店
¥12,800アーク
¥12,980ドスパラ秋葉原本店
クレバリー1号店
パソコンハウス東映
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
ZOA秋葉原本店

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中