このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

痛車でラリー! メロンブックスインテ奮闘記第3回

メロンインテグラのインカー動画を公開!【九州編】

2010年04月27日 21時59分更新

文● 中村信博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

激闘を制した様子をババーンと公開!

 先日、お伝えしたとおり(関連記事)、メロンブックスラリーチャレンジ2010の第1戦、「ツール・ド・九州2010」を制したメロンインテグラ。その走りを堪能できるインカー動画が届いたので、ここに公開しよう! 最後には次戦「ラリー北海道」の見どころも紹介しているので、そちらも見逃すな!

SS7 浮岳3(3.11km)

 デイ1前半セクションでは「めろんちゃん」人形が間に合わず、専用シートには「留守中」の貼り紙……。途中でハーフスピンをしたが、どこもヒットせずに復帰できたのは不幸中の幸いだった。なお、このSSのタイムは12番手で、クラス順位も3位に後退した。


SS9 三方1(7.56km)

 九州ラウンドの中でもロングステージとなる三方ステージ。基本的にストレートが短く、中低速のコーナーが細かく続く。今ラリー中もっとも平均速度が低かったステージだ。


SS10 林ノ上リバース(4.58km)

 「三方」とは逆に、今回のイベントで平均速度がもっとも速いステージ。途中のロングストレートの入口と出口に高速S字コーナーがあり、ここで走行ラインを上手に組み立てれば、タイムが大きく変わるのである。


SS17 林ノ上(4.49km)

 SS10とは逆方向に走行するステージ。ドライバーによると、今回のイベントで走ったSSの中でも会心の走りでベストタイムを奪取。ここで一気にクラストップに踊り出た。コドラ田中選手の「グッド!」がそれを物語る。ロングストレートの後の高速S字のスピードが、目に追いつかないほどのスピードだ。


SS19 三方リバース(7.41km)

SS9を逆方向に走るステージ。朝方に降った雨が霧となって滞留し、見通しが極めて悪い。それでもトップ死守のために、ペースノートを信じてドライバーは全力で攻め続けた。


SS22 肥前(1.48km)

観客が観戦できる、ギャラリーステージ「肥前」。小さなダム湖を巡るショートステージだ。コースの両側に桜並木があり、散った桜の花びらが薄桃色にコースの端を染めている。この時点でほぼトップが確定したために、最終ステージとなったここでは安全策のドライブモードで走行した。


(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ