このページの本文へ

ASRock「890GM Pro3」、「770 Extreme3」

USB3.0がNEC製チップではないAM3マザーがASRockから

2010年04月21日 23時44分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockからAMDの6コア採用CPU「Phenom II X6」(AMD未発表)への対応を謳ったマザーボード2モデルが発売となった。両モデルともにUSB3.0コントローラーがNEC製ではない初登場のチップを採用する。

「890GM Pro3」

「890GM Pro3」
チップセットに「AMD 890GX」+「SB850」を搭載するmicro ATXフォームファクタの「890GM Pro3」

 「890GM Pro3」はチップセットに「AMD 890GX」+「SB850」を搭載するmicro ATXフォームファクタの製品。拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2、DDR3 DIMM×4(DDR3-1800(OC)/1600(OC)/1333/1066/800、16GBまで)という構成。
 また、オンボードインターフェイスにはRadeon HD 4290相当のVGA機能(LFBにDDR3 128MB)や8chサウンド、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)、IEEE1394、Serial ATA III×5、eSATA×1、USB3.0×1などを搭載する。冒頭でも触れたようにUSB3.0コントローラーは従来のNEC「μPD720200」ではなく、今回が初登場となるFresco Logic製のコントローラー「FL1000G」を搭載。搭載するポート数もNECでは2ポートのところ、「FL1000G」では1ポートのみとなる。価格はドスパラ秋葉原本店で1万2980円だ。

「FL1000G」
Radeon HD 4290相当のVGA機能(LFBにDDR3 128MB)を搭載しI/O部にはVGA/DVI/HDMIを装備。またUSB3.0コントローラーは従来のNEC「μPD720200」ではなく、今回が初登場となるFresco Logic製のコントローラー「FL1000G」を搭載する

「770 Extreme3」

「770 Extreme3」チップセットに「AMD 770」+「SB710」を搭載するATXフォームファクタの「770 Extreme3」。こちらも「Phenom II X6」へ対応する

 同時発売の「770 Extreme3」はチップセットに「AMD 770」+「SB710」を搭載するATXフォームファクタの製品。拡張スロットはPCI Express(2.0)x16×1、PCI Express x1×2、PCI×3、DDR3 DIMM×4(DDR3-1600/1333/1066/800、16GBまで)という構成。
 オンボードインターフェイスには8chサウンド、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111DL)、Serial ATA II×2、Serial ATA III×2(Marvell/SE9123)、eSATA×1、USB3.0×1、IDE×1などを搭載する。こちらもUSB3.0コントローラーにはFresco Logic製のコントローラー「FL1000G」を採用。価格はドスパラ秋葉原本店で8980円となっている。

「770 Extreme3」
Marvell/SE9123によるSerial ATA III×2やFresco Logic製コントローラー「FL1000G」による1ポートのUSB3.0を搭載する

【取材協力】

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中