このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

iPhoneでもやっぱ良い音で聴きたい! 対応オーディオ機器一挙紹介 ― 第1回

iPhoneイヤフォン最初に買うならこの1本!

2012年02月13日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneで音楽を満喫するなら、オーディオのグレードアップは不可欠だ。今回の特集では、イヤフォン/ヘッドフォン/iPhone用ドックスピーカーの3ジャンルから代表的な4機種を選び、音質/装着感/デザイン/遮音性、また独断と偏見により、iPhoneにふさわしい1機種を決定する。

遮音性&音漏れ対策はバッチリ!
数千円台からのお手頃カナル型が狙い目

 iPhoneオーディオ特集、第1回はインイヤー型イヤフォンだ。数百円から数万円までと価格帯が非常に広く、製品数もかなり多い。中でも定番人気のイヤフォンは「カナル型」。“耳栓型”とも言われるこのタイプは、耳の奥にイヤーピースを押し込むため、遮音性が高く、音漏れが少ない。電車などでの移動中に使うことの多いiPhoneには良いことづくめだ。

 カナル型のモデルには、ヘッドフォンのほとんどのモデルで使われる「ダイナミック型ドライバー」以外に、クリアーな音質が売りの「バランスド・アーマチュア(BA)型ドライバー」を使ったものが増えはじめ、メーカーによってその音質にはずいぶんと違いが出てきた。

 現在、BA型ドライバーへの注目の高まりに比例して、カナル型は高解像度指向になりつつある。カナル型の場合、大型のドライバーを使用できるオーバーヘッド型のヘッドフォンに比べると、やはり低音がタイトになりやすいという側面があった。そこでBA型の特長を活かし、解像度の高さをアピールするモデルが多いのだろう。

 今回は「最初の1本」ということで、カナル型の中から、音質的にもグレードアップの効果がわかりやすく、比較的手の届きやすい7000円~1万円強までの価格帯で4本を選んできた。実際のところ、このあたりのクラスが一番コストパフォーマンスが高く、音質にこだわる人にとっても満足度の高いモデルが揃っている価格帯と言えるのではないだろうか。

レビューで試聴した主な音源

【ポップス】
 supercell「My Dearest」(TVアニメ「ギルティ・クラウン」OP)
 マイケル・ジャクソン「Immortal

【ジャズ】
 チック・コリア&ステファノ・ボラーニ「ORVIETO」(ピアノデュオ)

【クラシック】
 ヴィヴァルディ・ヴァイオリン協奏曲「四季」より第1楽章「春」
 (アンネ=ゾフィー・ムター

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中