このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

iPhoneでもやっぱ良い音で聴きたい! 対応オーディオ機器一挙紹介 ― 第3回

iPhoneスピーカー長年使えるのはこの1台!

2012年02月15日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

家の中でもiPhoneをプレーヤーとして使いたいというニーズに答え、iPhoneを手軽にセットできるドックを備えたオーディオシステム(ドックスピーカー)が続々と登場している。特集第3回は、こうしたiPhone用ミュージックシステム人気4製品からお買い得な1製品を決定しよう。

1~3万円が狙い目!
ドックスピーカーは機能と音質のバランスで決める

 iPhone用スピーカーというと、価格は数千円クラスのものからあり、発売メーカーもかなり多い。実用上不満のないレベルの音質と考えると、1~3万円くらいの価格帯に注目すれば、コストパフォーマンス的にも優れたモデルが手に入るだろう。

 このクラスになると、アナログ入力が追加されたり、PCとの同期用のUSB端子がつくなど、機能的にも充実してくる。中にはCD/DVDまで備えたミニコンポタイプまである。iPhoneではなくCDも再生できた方がいいという人ならコンポタイプは要注目だ。

 一方、機能を1つに絞ったドックスピーカーは、コストをすべてスピーカー部分に投入しているため、音質にしっかりこだわって作られているとも言える。音質を取るか、機能を優先するかがiPhoneスピーカー選択のポイントと言えるだろう。

 また最近はiPhoneと無線でつながる「AirPlay」やBluetooth接続に対応したモデルも増えてきている。選曲はもちろん、電話やメールなど音楽以外でiPhoneを使うことを考えると、手元にあった方が断然使い勝手がよく、魅力は大きい。AirPlay対応機は価格もやや高めだが、iPhoneユーザーなら要チェックのポイントだ。

 スタイルには大きく「ドック一体型」「スピーカー・セパレート型」「ミニコンポ型」の3タイプがある。一体型は省スペース、セパレート型・ミニコンポ型はステレオ感や音の広がりという点で有利だ。今回は3つのタイプからそれぞれの人気機種を選んできた。店頭ではなかなか比較しづらい音質や使い勝手もチェックしていきたい。

レビューで試聴した主な音源

【ポップス】
 supercell「My Dearest」(TVアニメ「ギルティ・クラウン」OP)
 マイケル・ジャクソン「Immortal

【ジャズ】
 チック・コリア&ステファノ・ボラーニ「ORVIETO」(ピアノデュオ)

【クラシック】
 ヴィヴァルディ・ヴァイオリン協奏曲「四季」より第1楽章「春」
 (アンネ=ゾフィー・ムター

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中