このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情 ― 第21回

新生S3 Chromeシリーズで性能強化もPC向けは縮小

2009年10月06日 13時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さて今回は前回に引き続き、S3 Graphics社(以下S3)に移管されてからのS3の話である。

S3 GraphicsのGPUロードマップ
S3 GraphicsのGPUロードマップ

DeltaChromeで船出した新生S3

 移管当初のS3の作業は新コアの開発というより、これまで開発してきたGPUコアを、台湾VIA Technologies社(以下VIA)のチップセットに統合する作業であった。

 まず最初に、VIAが2000年に発表した「KL133/KM133/PM133」というチップセットに、「Savage 2000」の2Dエンジンと「Savage 4」の3Dエンジンを組み合わせ、さらにUMA(Unified Memory Architecture:メインメモリーをビデオメモリーとして使う)対応とした「Twister」コアを統合している。さらに、これを高速化した「Twister-DDR」は、VIAのKM333などのチップセットに搭載された。

VIA KM133Aチップセットを搭載するマザーボードの例 VIA KM133Aチップセットを搭載するマザーボードの例。チップセット内蔵GPUはS3のもの

 これと並行して、S3は新コアの開発も進めていた。その最初のものが、2002年6月に発売を予定していた「AlphaChrome」である。もっともこの製品、当初は「Savage XP」という製品名が予定されていた。開発コード名は「Zoetrope」で、実際はSavage 2000の機能向上版といったものだ。

 その実態はSavage 2000のバグ潰しと、いくつかの新機能(おそらくDirectX 8での新機能への対応)といったあたりで、DirectX 9には未対応だったようだ。結局このAlphaChromeはサンプル展示は披露したものの、製品化は行なわずにお蔵入りとされてしまう。

DeltaChrome S8
DeltaChrome S8

 結果、S3 Graphics最初の製品は、2003年3月にリリースされた「DeltaChrome S4/S8」になった。内部的にはDirectX 9に完全準拠した製品で、「DeltaChrome S8」はほぼ同時期に登場したGeForce FXの下位機種(GeForce FX 5600)あたりと同程度の描画性能を目指したものである。また同時にパイプライン数を半減させ、メモリーバスも64bit化した「DeltaChrome S4」も用意された。

 スペック表に見えない部分では、例えばMPEG-2/4の動画再生支援機能を搭載した「Chromemotion」、変なところではClearTypeのフォントスムージングを高速化する「ClearType Font Acceleration」なんて機能も搭載された。DeltaChrome S8は、無印/Pro/Nitro/XE/F1といったバリエーションが用意されたが、いずれも構造は同じで、動作周波数が異なるのみである。

DeltaChrome S8搭載カードの例 DeltaChrome S8搭載カードの例

 この当時、S3としては真剣にグラフィックスカードのメインストリーム向けで一定のシェアを確保することを狙っていて、DeltaChromeを搭載したカードを製造・販売するOEMベンダーを模索する。しかし、主要なベンダーはほとんどATI/NVIDIAの体制で固まっており、採用例はごくわずかに終わる。

 そのため、S3は通常では考えられないベンダーにまで製造を依頼した。確か2003年のCOMPUTEX TAIPEIでは、マザーボードベンダーのTyanが、DeltaChrome搭載ビデオカードのサンプルを展示してた記憶がある。さすがに驚いて「Tyanもグラフィックスカードにも進出するのか?」と確認すると、これは「単なるお付き合いで実際に販売するつもりはない」という返事があった。つまり、Tyanのようなサーバー向け製品しか出していないようなベンダーにまで依頼しないといけないほど、製造・販売パートナーが限られていたのが実情である。

 同じことは、同時期にやはりVolariをリリースしたXGI Technology社(こちらはSiSからのスピンアウト)にも言える。こちらも製造・販売パートナーがほとんど見つからず、結局コンシューマー向けから撤退することになった。それに比べれば、わずかとは言え製造・販売パートナーが見つかっただけS3はマシ、と言えるのかもしれない。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン