このページの本文へ

参加登録は9月10日から

目指せ100万円!Webアプリコンテスト「Mashup Awards 5」

2009年09月10日 13時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mashup Awards実行委員会(主幹事:リクルート)は、アドビ システムズ、NTドコモ、日本オラクル、ミクシィ、ヤフー各社の協賛により、Web APIやプラットフォームを利用して新しいユーザ体験を提案するWebアプリケーション作品を募るコンテスト「Mashup Awards 5」を開催する。

 今回で5回目となる本コンテストは、『Quality of Developers' Life』を開催理念として掲げて、2006年からスタートした。これまで開催された計4回のコンテストでは、参加登録者はのべ1800名以上、応募作品数は616作品に上る。国内最大級のWebアプリケーション開発コンテストとして、Web/IT業界内外から計45社が協力企業・団体として参加。また、対象APIを利用したWebアプリケーションの開発コンテストを行ない、審査の結果、優秀と認められた作品には賞金および賞品が授与される。最優秀賞の賞金は100万円となっている。

 参加登録期間は9月10日(木)~11月4日(水)で、作品応募期間は9月25日(金)~11月4日(水)。11月29日に表彰式を行なう予定だ。

 作品応募条件は、参加協力企業・団体が提供するAPIから少なくとも1つ利用して、作品を制作すること。賞は、

  • 最優秀賞(2009年を代表する優れた作品に与える)
  • 優秀賞(最優秀賞候補としてノミネートする)
  • 特別賞(テーマ賞)
  • 部門賞(協力企業賞)

となっている。応募方法や詳細は、公式Webサイトを参照のこと。

 これまでの応募作品動向を見ると、APIを組み合わせる「マッシュアップ」技術が当初は一部のアーリーアダプタ、ギーク層が試用・挑戦する技術だったが、現在では日常的なシステム開発やWeb制作業務でも利用される、一般的な技術として普及してきたと考えられるという。そこで、今回のMashup Awards 5では、「複数のWebサービスAPIを組み合わせる」という狭義のマッシュアップ作品に限らず、WebサービスAPIを含めて、各種のデータベース、ツール、デバイス、プラットフォームなどを開発者オリジナルのアイディアで組み合わせて活用することで、新しいユーザ体験を提案する作品を広く求めるとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ