このページの本文へ

レンズから画像エンジンまで新しくなった「GR DIGITAL III」

2009年07月27日 19時40分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GR DIGITAL III
「GR DIGITAL III」

 リコーは高級コンパクトデジタルカメラ「GR DIGITAL II」の後継機「GR DIGITAL III」を8月5日に発売する。予想実売価格は8万円前後。

GR DIGITAL III
手に持ったところ。本体サイズは幅108.6×奥行き25.5×高さ59.8mm、重量は約188gで、サイズ的にはGR DIGITAL IIとほとんど変わらない

 GR DIGITAL IIIでは、大口径(F1.9~9、f=0.6mm、35mm換算で28mm)の「“FAST”GR LENS」を新開発。大口径化に伴いレンズ構成を変更した(5群6枚→6群8枚)。後群に1群2枚のレンズを追加することで、コマ収差を大幅に低減したという。

 また特殊な低分散ガラスレンズ(3枚)により、色収差を改善し、高い解像感とコントラストを得られる。高精度な非球面レンズを2枚搭載することで、歪曲収差も抑制する。レンズ面の反射率を落とし、マルチコート処理を行なうことで逆光での撮影性能が向上した。

 さらにマクロモード時にはレンズ群の一部を移動(150ミクロン下げる)する機構も搭載。像面の湾曲を抑制する。

奥がGR DIGITAL III、手前がGR DIGITAL II。モードダイヤルは「シャッタースピード優先モード」が追加され、「マイセッティングモード」も2つから3つになっている
奥がGR DIGITAL III、手前がGR DIGITAL II。モードダイヤルは「シャッタースピード優先モード」が追加され、「マイセッティングモード」も2つから3つになっている

 画像処理エンジンは新開発の「GR ENGINE III」を採用。画像のビット圧縮をする間にノイズを処理することで、よりきめ細かいノイズリダクションが可能となった。また、彩度レベルに応じて色抑制のレベルを変更することで、彩度を落とさずに色ノイズを抑制する。

 撮像素子には有効約1000万画素の新型(1/1.7型)CCDセンサーを搭載。高感度での撮影に優れており、従来機と比較して約1段分、感度性能が向上している。なお、ISO感度設定は64~1600と従来機から変わっていない。

 また、低輝度時のフォーカス合焦時間が短縮され、被写体の動きに合わせてフォーカスを調整する「プレAF」や、シャッターボタンを(半押しせず)一気に押したときに、あらかじめ設定した距離で撮影する「フルプレス スナップ」といった機能を搭載する。

背面
背面。Fnボタンが2つあるなど、若干操作ボタンレイアウトは変更されている

 そのほか、背面液晶モニターは2.7型(約23万ドット)から3.0型(約92万ドット)になり、特に表示解像度が大きく向上している。

オプション
外部ファインダー「GV-1」(価格未定)とフード&アダプター「GH-2」(5250円)を装着したところ

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART