このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

松村太郎の「ケータイが語る、ミクロな魅力」 ― 第81回

置くだけで写真が入る ケータイならではのフォトフレーム

2009年07月21日 12時00分更新

文● 松村太郎/慶應義塾大学SFC研究所 上席所員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Photo Vision
【今週の1枚】写メールで手軽に写真を表示できるデジタルフォトフレーム「Photo Vision」。無線LANなどを設定しなくても、ケータイだけで家族の写真が贈れる簡単さ・手軽さで、ついつい欲しくなってしまう

 今回紹介するのはソフトバンクモバイルから登場した、通信機能を内蔵するデジタルフォトフレーム「Photo Vision HW001」だ。ソフトバンクのケータイから写メールを送信すると、フォトフレームが受信し、自動的にそのメールに含まれる写真を表示する。自分のライフステージの変化もあり、とても共感できる温かい製品だ。

 私事ながら自分の結婚式を挙げたばかりだ。その準備として、親から貰った自分の成長記録を写真で眺めていた。すると、かすかに思い出された記憶があったり、ハッキリ覚えているシーンがよみがえったり、全然覚えていない事実を知ったり。ついつい時間を忘れてアルバムをめくり続けている事に気づく。もし自分に子供が生まれたら、たくさんの写真を残してあげたいと思った瞬間であった。

 親に話を聞くと、離れて暮らす祖父母にも写真を送ることを欠かさなかったという。ともに都内に暮らしているので、会いに行く機会も多かったが、イベントの折に写真を撮って、それを焼き増しして渡していたそうだ。最近ではデジタルカメラやケータイでの写真が多く、メールに添付して送る方が早いのかもしれない。「焼き増し」なんていう言葉はそのうち死語になるのだろうか。

より簡単にプレゼントできる
デジタルフォトフレームを作る

 先日家電量販店にデジタルフォトフレームを買いに行った。カメラフロアの片隅に用意されているコーナーでは次々に商品が売れていく。店員に話を聞くと「全館のジャンルの中で今一番売れているのがデジタルフォトフレームじゃないか」というほどの注目製品のようだ。特にプレゼント需要が高いとも聞いた。

ソフトバンクモバイル 唐津氏
ソフトバンクモバイル 唐津氏

 ここに目をつけたのがソフトバンク。2009年夏モデルとしてPhoto Visionという通信機能付きデジタルフォトフレームをリリースしたのだ。このPhoto Visionを担当したソフトバンクモバイルの唐津 慎一朗さんと栗田美保さんにお話をうかがった。

 「フォトフレームのマーケットが好調な事は認識していました。ネット上のフォトストレージサービスでは、Flickrやmixiなどがありますが、その出口となる手軽なサービスがありませんでした。そこでフォトフレームに通信回線を載せることで、デジタル写真を楽しむ手段を提供できないかと考えて、今回の製品を企画しました」(唐津氏)

 プレゼント需要とはつまり、離れて暮らす親に孫の写真を送ることが目的。しかしメモリーカードを定期的に入れ替えなければ、新しい写真を見てもらうことができない。単純な作業と言えばそれまでだが、メモリーカードを送ったり、差し替えたりという手間が必要となる。通信回線であればそれが省ける。

操作方法もシンプル 設定画面は左の十字カーソルだけで操作する。一応細かい設定は可能だが、基本的にそれらを意識しなくとも使えるシンプルさが売りだ

 これまでもデジタルフォトフレームには、無線LAN機能を内蔵したモデルなどが存在していた。しかし遠くに住む祖父母の家にプレゼントする際、ブロードバンド回線を引いて、無線LANを設置して、その上でデジタルフォトフレームをプレゼントするというのは、少々ハードルが高い。Photo Visionなら電波が入る場所に設置して電源を入れておくだけで、最新の写真が自動的に表示される。

 この手軽さとシンプルさは、非常に魅力的だ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

【ニコ生】Mod PCの魅力がわかる!ジサトラ出張、仙台

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART