このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第101回

猫兄弟をGH1の動画機能で撮ってみた

2009年05月14日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
円筒形のケースにすぽっとおさまった2匹。上にいるのがあとから割り込んだ「ちっち」。下になってるのが「ねーね」。最近やっと2匹の区別を覚えた
円筒形のケースにすぽっとおさまった2匹。上にいるのがあとから割り込んだ「ちっち」。下になってるのが「ねーね」。最近やっと2匹の区別を覚えた(2009年5月 パナソニック LUMIX GH1)

 「パナソニックのGH1で猫を撮るぞ Part2」である。

 GH1を持ってお馴染みの公園に行くと、石のテーブルの上に円筒形の猫用キャリングケースが置いてある。公園地域猫の世話を手伝ってる猫好き女子が最近買ったもので、ここに猫世話グッズ(餌とかおもちゃとか)を入れて、休日になると自転車で通ってる。

 ケースの中を見ると、「ねーね」と呼ばれてる人なつこい猫が丸くなって寝てる。この円形が身体にぴたっと沿うので気持ちがいいらしい。

 猫の性格も千差万別で、一定距離以上は人に近づかないヤツもいれば、こんな無防備なヤツもいるのだ。

 ねーねはときどき人の膝に勝手にのっかるくらいの懐きぶりである。

座ってカメラをいぢってたら、ねーねが膝に乗ってきたので、すかさずモニターを裏返して自分撮り状態にして16:9で撮影。彼女は人に撫でられるのが好き
座ってカメラをいぢってたら、ねーねが膝に乗ってきたので、すかさずモニターを裏返して自分撮り状態にして16:9で撮影。彼女は人に撫でられるのが好き(2009年4月 パナソニック LUMIX GH1)

 その狭いケースに、なんともう1匹が無理矢理はいりこんだのだ……。もうかなり無理矢理。あまりにおもしろいので撮影会開始。

 それが冒頭写真で、やってきたのが「ちっち」である。

 いったいどんな様子かというと、真上から正方形フォーマットで撮ってみた。液晶モニターを回転させ、アスペクト比を1:1にしてケースの上に手を伸ばして撮るのである。

アスペクト比を1:1にして真上から。無理矢理はいってます。一部は重なってます。下になってるねーねは暑そう
アスペクト比を1:1にして真上から。無理矢理はいってます。一部は重なってます。下になってるねーねは暑そう(2009年5月 パナソニック LUMIX GH1)

 ……真上から見ると何が何やらさっぱり。巨大な毛の固まりがケースを埋めてるようにしかみえないのがおかしすぎ。

 実はこの2匹は兄弟で、色も模様も似ているのでこうなっちゃうと区別がまったくつかないのだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART