このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第153回

春の多摩川でくつろぐ猫

2010年05月21日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
夕方、橋をバックに地面スレスレから多摩川猫を(2009年5月 パナソニック LUMIX DMC-GH1)
夕方、橋をバックに地面スレスレから多摩川猫を(2009年5月 パナソニック LUMIX DMC-GH1)

 この猫写真連載がはじまったのが2007年5月。なんと4年目に突入である。おそろしや。みなさま見てくださってありがとうございます。

 毎週毎週テーマを決めて猫写真を何枚も引っ張り出してきてるわけだが、テーマなんて無限にあるわけでもなく……いや無限かもしれないが発見できるかどうかはまた別。

 そういうときは同じテーマを繰り返す。2007年に3回ほどやった「多摩川猫」再び、である(関連記事1関連記事2関連記事3)。

 川縁の猫はおおむね元気である。多摩川のように広い河原を持ち、時折自然が残る場所は特にそうだ。自由に走り回れるし、夜は人がいないし、水にも食べ物にも隠れ場所にも(たぶん)困らない。

 だから住宅街の猫に時折見られる荒んだ感じも極端な警戒心もない。不用意に近づかない限り、くつろいだ姿を見せてくれるからだ。こんな風に日当たりのいい斜面で日向ぼっこ。

春の花に囲まれて気持ちよく日差しを浴びてた猫。うらやましい。撮ってたら気配を感じたのか、うーんと伸びをしてこっちをちらり(2009年4月 ニコン D90)春の花に囲まれて気持ちよく日差しを浴びてた猫。うらやましい。撮ってたら気配を感じたのか、うーんと伸びをしてこっちをちらり(2009年4月 ニコン D90)

 護岸されたコンクリートの斜面は人間が昼寝しても気持ちいい。まして猫をや。でも撮っていたら気配を感じてじろっと睨まれました。すまん。

 この猫、その半年前にもいた。人間に餌をもらっているらしく、触らしてはくれないが、けっこう気前よく顔を出してくれるのだ。きりっとしててかっこいい。

河原をとことこと走ってきて、こっちの方を見て「にゃあ」と鳴いた。夕方だったし、ごはんをもらえる時間が近いのだろう(2008年10月 ニコン D90)河原をとことこと走ってきて、こっちの方を見て「にゃあ」と鳴いた。夕方だったし、ごはんをもらえる時間が近いのだろう(2008年10月 ニコン D90)

 広い河原の草むらは猫のお昼寝に最適である。ぐるっと見渡すと昼寝仲間がそこかしこにいる。のんびり昼寝しつつ、警戒心を怠らないのが猫。

 猫っていつも寝ているけど、危険を感じたら即座に起きられるようになっているらしい。人だと寝ているときから起きているときへ移行するのに、ほにゃっとした寝ぼけた時間があるんだけど、猫はシャキッと起きるのだ。

草むらで丸くなってぼーっとしてた猫。何をじっと見てたんだろう(2009年4月 ニコン D90)草むらで丸くなってぼーっとしてた猫。何をじっと見てたんだろう(2009年4月 ニコン D90)

 飼い猫だと「どう見ても寝ぼけてるじゃん」な姿も見せるけど、それだけ警戒心なく寝てるんでしょう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART