このページの本文へ

iPhoneの中に名刺を“入れる”サービス登場

2009年04月14日 09時00分更新

文● 企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
名刺入れ
iPhoneが名刺入れそのものに

 iPhoneのビジネス活用、法人採用に弾みがつくか?

 携帯電話端末販売のピーアップが、キヤノン傘下のソリューションベンダー イーシステムが開発した名刺管理システム「アルテマブルー」を使った法人向けソリューションの展開を決定した。

 アルマテルブルーは、専用スキャナで名刺をスキャンすると、原則翌営業日までに名刺情報をデジタル化してPCや携帯電話を通じて名刺管理や営業、マーケティング支援機能を提供するSaaS型サービスで、iPhoneに対応している。

 ユーザーは、iPhoneによって常に名刺データを持ち歩けるほか、ワンクリックで名刺上の人物に電話やメールを送れたり、地図や経路検索結果も表示できる。さらに日報や名刺の人物に関するメモをiPhoneから入力して管理することも可能だ。

メモ
名刺に関するメモを入力、表示

 ピーアップでは、iPhoneの法人への普及が着実に進んでいるとし、今後はiPhoneとアルマテルブルーのセット販売で包括的ソリューションを展開するとのことだ。

 法人向け展開はiPhoneの大きな課題だが、今回の発表は、これにひとつの解を与えたものと言えよう。

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ