このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【Macworld 2007 Vol.3】写真で見るスティーブ・ジョブズの基調講演(iPhone編)

2007年01月10日 20時28分更新

文● 文/編集部 広田稔 写真/林信行、林幸一郎、MacPeople編集部 雨宮徹

“Macworld Conference & Expo/San Francisco 2007”の冒頭にて開催された米アップル社CEOのスティーブ・ジョブズ氏の基調講演。まずはiPhoneを中心にレポートする。

スティーブ・ジョブズ氏
スティーブ・ジョブズ氏

iPhoneの目指すところ

アップルが初めてリリースした携帯電話機『iPhone』。“Your life in your pocket”のキャッチフレーズがつけられている
3つの要素
iPhoneの重要な要素として、写真左のアイコンから「Widescreen iPod with touch controls (タッチ操作対応のワイドスクリーンiPod)」「Revolutionary mobile phone (革命的な携帯電話機)」「Breakthrough Internet Communicator (進歩的なインターネットコミュニケーター)」という3点が挙げられた
タッチセンサー
“Moto Q”“Nokia E62”“Palm Treo”“Blackberry”といった米国でよく見るスマートフォンとは一線を画し、多機能さとインターフェースの使いやすさを兼ね備えているのが特徴というアップルは過去に360度スクロールボールやクリックホイールなど、MacやiPodで新しいインターフェースを採用してきた。今度はペンではなく指で操作するタッチセンサーをiPhoneに搭載する
販売
2006年の全世界における携帯電話機の販売台数は9億5700万台。2008年までに、このうち1%のマーケットシェアに相当する1000万台の端末を販売する予定とのこと
Mac/iPod/Apple TV/iPhone
Mac/iPod/Apple TV/iPhoneという4つの事業の柱を示したのも重要。iPhoneはiPodに並ぶ扱いのようだ
シンギュラー ジョーク
米国においては独占契約した米シンギュラー(Cingular)社の携帯電話網を使う。後述するビジュアル・ボイスメールも、アップルとシンギュラーとの共同開発だジョークとして紹介されたiPhone。iPodに電話のダイヤルを取り付けた革新的なデザイン。 こちらの実物も見てみたかった!?

iPhoneのデモ~基本画面

メインメニュー
待受画面。“slide to unlock”の部分を指でなぞると、誤操作ロックが解除されるメインメニュー。画面のボタンを押して各機能を呼び出す
タッチスクリーン カバーフロー
ほとんどの操作は、タッチスクリーンを指で押したりなぞることで行なう。例えば写真のような音楽の再生中では、再生/一時停止、ボリューム調節、曲選択、レート指定などが指で設定できる本体を横に傾けると、画面も自動的に回転する。これは再生したい音楽アルバムをジャケットをめくりながら探せる“カバーフロー”を表示したところ
デモ タッチスクリーン
通話時の画面。画面に現れたアイコンを指で触ることで、通話の終了やボリューム調節などを指示できる。会場では、通話中に3人目を加えて複数人で会話するデモも行なわれたSMS(ショートメッセージサービス)のメッセージを作成しているところ。Macのチャットソフト“iChat”のように、吹き出しの中にやり取りしたメッセージが表示される。文字の入力は、タッチスクリーンのソフトキーボードを押して実行する

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン