このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【2007 CES Vol.1】開催前に、CESの内容をチラッと体験できるプレスイベントに参加してみた

2007年01月07日 14時07分更新

文● 編集部 小林久

米国時間の8日に開幕する“2007 International CES”。その興奮を一足先に味わえるプレスイベント“CES Unvailed”が、今年も米ラスベガスのホテル・Venetianで開催された。Unvailedとは、ベールを脱いだという意味の英単語。一部ではあるが、CESの展示会場に出展される各社の製品を垣間見られる貴重な機会が提供されている。

氷のモニュメント


世界初!? ノートパソコン用外付け3Dビデオカードユニット

今年のCESには、2700社という膨大な出展社数が予定されている。Unvailedへの参加社は、大手企業というよりはベンチャー企業が中心で、小技の利いたプロダクトも各種展示されており、なかなか楽しめる内容になっている。

コスプレでお出迎え
コスプレでプレス関係者を出迎えるスタッフ

パソコン本体に関しては、台湾ASUSTeK Computer社が、すでに国内で販売されている本皮張りノートパソコンや、UMPC(Ultra Mobile PC)を展示していたが、それ以外のメーカーからは目立った製品は見当たらなかった。同社は、ノートパソコンのExpressCardスロットに接続する外付けのビデオカードユニット『XG Station』も展示しており、ビデオメモリーの限られるノートパソコンで高解像度の外部ディスプレー出力を行なったり、3Dゲームなど負荷の高い処理に対応できる製品として注目を集めていた。米国での発売に関しては3月ごろを予定しているとのこと。

本体には、PCI Express対応のビデオカードを装着可能。DVI出力端子のほか、USB 2.0やドルビーヘッドホン対応の音声出力なども装備する。価格は内蔵するカードによって異なるが、GeForce 7900搭載カードの場合500ドル(6万円弱)程度になる見込みだ。

XG Station
前面のつまみはビデオカードの動作クロックなどを変更するためのもの。正面右側のディスプレーには、フレームレートやファンの回転速度を円グラフで表示できる
R2H R2HのGPSアンテナ
折りたたみ式のGPSアンテナ(写真右)を内蔵したUMPCの『R2H Ultra Mobile PC』(写真左)。

また、米Hitachi Global Storage Technologies社は、容量1TBのHDDを展示していた。プラッターサイズは3.5インチで、PMR技術(垂直磁気記録技術)を使用。シリアルATAまたはUltra ATA/133インターフェースに対応したパソコン向けドライブ“DeskStar 7K1000”のほか、家電向けの“CineMaster 7K1000”も用意される。後者は、ハイビジョン化で高容量化が求められている、HDDビデオレコーダーやHDD内蔵型テレビへの搭載などで活躍しそうだ。

1TB HDD日立グローバルストレージの1TB HDD


韓国版W-ZERO3も登場?

国内でも遅速ながら、着々と浸透しつつあるスマートフォン。この分野で、先鞭を付けているのは、フィンランドのノキア社、そしてサムスン電子社などの韓国メーカーである。Unvailedでは、W-ZERO3ライクなスライドキーボードを採用したサムスンのスマートフォン『SCH-i760』が展示されていた。OSにはWindows Mobileを採用している。

SCH-i760
SCH-i760。上面にはテンキーも備える
XA30
スリムな&カラフルなボディーが魅力の『XA30』も注目を集めていた。こちらは200万画素のカメラとMP3再生機能などを備える


正式版を前にした IEEE 802.11n関連製品

無線関連では、昨年ドラフト仕様が公開され、2007年に正式版が登場する見込みのIEEE 802.11n関連製品が展示されていた。

無線LANへのMIMO技術採用で先駆者的な役割を果たしている米Airgo Networks社は、ドラフト2.0準拠の新チップセット『AGN400』を使用したリファレンスデザイン『AGN400』を展示。3×3のアンテナを使用し、40MHzの帯域幅で12~315Mbpsの転送速度が実現できるという。ExpressCardへの搭載を考えたものと、アクセスポイントに搭載することを考えたものの2種類があり、従来版と比べて大型に小型化している。

AirgoのIEEE 802.11n対応チップセットAirgoのIEEE 802.11n対応チップセット『AGN400』

また、IEEE 802.11n関連では、米ネットギア(NETGEAR)社もドラフト仕様に準拠したルーターを展示していた。

ネットギアのルーターNETGEARのIEEE 802.11n対応ルーター

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART