このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

日本HP、約11万円で買えるCore 2 Duoノート『Pavilion dv6100/CT』を発売

2006年09月28日 11時01分更新

文● 編集部 小林久

日本ヒューレット・パッカード(株)は28日、ノートパソコン『HP Pavilion Notebook PC dv6100/CT』を発表した。“Zen Garden”(禅寺の石庭)をイメージした独特なデザインを採用。最小構成時で8万4000円。米インテル社のノート用64bitプロセッサー“Core 2 Duo”を搭載した場合でも、約11万円で購入できる安価な価格設定とした。同社直販サイト“HP Directplus”で本日から受注を開始している。

HP Pavilion Notebook PC dv6100/CT
HP Pavilion Notebook PC dv6100/CT


“禅”のコンセプトに基づいたスタイリッシュノート

HP Imprint
HP Imprintの柄。石庭をイメージした波状のテクスチャーとなっている

dv6100/CTは“Beauty”(外観の美しさ)、“Power”(高性能)、“Innovation”(革新性)の3つをキーワードに企画された2スピンドルノートで、ディスプレーには15.4インチ/解像度1280×800ドットのワイドTFTパネル(ウルトラクリアビュー液晶)を使用している。

本体は四隅が丸く落とされた流線型のデザインで、パームレスト部分や天面には、石庭の模様を思わせる波状のテクスチャーが転写されている。日本HPの広報担当者は「“Zen(禅)”をコンセプトにした理由は公式に公表していないが、シンプルでかつ見る人にさまざまなイメージを与えられるデザインを狙った」と話す。竜安寺の石庭は、見る人によっていろいろなものに見えるが、そのコンセプト自体は謎とされている。

HPではこの表面加工処理を“HP Imprint”と呼んでいる。日本写真印刷(株)との協業で実現したもので、日本写真印刷の“成形同時加飾工法”(Nissha IMD)が用いられている。この技術は、プラスチックの金型に転写フィルムを入れておき、射出成形と同時に表面処理も行なうもので、三次元曲面などにも複雑な模様を印刷できるほか、箔押しと同時にハードコートも行なうため、手触りがよく、キズに強い塗装面が作れるという利点がある。これまで、自動車の内装部品やホイール、携帯電話機の外装などで利用されてきたが、ノートパソコンに利用したのは“Pavilion dv”シリーズ(5月発表の米国モデル)が初めて。

このほか、デザイン面では静電式のタッチボタン(HPタッチテクノロジー)をキーボード上部のDVD操作ボタンなどに採用。指先で軽く触れるだけで、操作できるようにした。また、スイッチのオン/オフに連動して青色と赤色に光る“デュアルカラーLED”を装備。外観のアクセントに利用している。



DVDの操作パネルや音量調整用のボタンは、静電容量式のタッチボタンを採用

また、機能面(Innovation)では、液晶パネルの上部フレーム部分に130万画素のCCDカメラを選択可能。Windowsの起動なしにDVDや音楽CDを楽しめる“HP QuickPlay”やExpressCardスロット内に収納できるリモコン“HPモバイルリモートコントローラ”なども用意される。本体には2つのヘッドホン出力があり、うちひとつは光/同軸の光オーディオ出力(S/PDIF)に対応。内蔵スピーカーは米Aletec Lansing社製となる。

ウェブカム スピーカー
液晶パネルのフレームに設けられた、130万画素のCCDカメラAltec Lancing製のスピーカー


Core 2 Duoに加え、GeForce Go 7400も選択可能

スペック面では、CPUとして、Celeron M 420-1.6GHz、Core 2 Duo T5500-1.66GHz、Core 2 Duo T7200-2GHzの3種類を選択可能。価格はT5500搭載時で11万250円から、T7200搭載時で14万1750円からとなる。

パームレスト
パームレスト部分にも波形の模様があしらわれている

グラフィックスチップは、チップセット(インテル945GM)内蔵のほか、NVIDIA GeForce Go 7400(ビデオメモリー最大256MB)も選べる。通信機能は無線LAN、Bluetooth、Gigabit Ethernet、56kbpsモデムに対応。有線通信機能に関しては標準で、無線通信に関しては、802.11a/b/g+Bluetooth、11a/b/g(ともに米インテル製チップ)、11b/g(米ブロードコム製)の3種類から選択する形となる。

本体にはPCカードスロットを装備しないが、ExpressCardスロットと、メモリースティック/同PRO、xDピクチャーカード、SDメモリーカード、MMCの5種類に対応した5in1メディアスロットを装備。OSに関してもWindows XP Home EditionとWindows XP Media Center Edition 2005の2種類が選択できる。

付属のリモコン。本体側面のExpressCardスロットに収納することもできる

本体サイズは幅357×奥行き256×高さ43mmで、重量約2.79kg。バッテリー駆動時間は、標準の6セルバッテリー(10.8V/4000mAh)で約3時間、オプションの12セルバッテリー(10.8V/8800mAh)で約6.5時間。

最小構成時のスペック構成は下記の通り。

dv6100/CT(最小構成時)のスペック
Celeron M 420-1.6GHz
メモリー512MB(256MB×2)
HDD 60GB
CD-RW&DVD-ROMドライブ
インテル945GM(内蔵グラフィックス)
IEEE 802.11b/g(ブロードコム製チップ)
10/100/1000BASE-T、56kbpsモデム
6セルリチウムイオンバッテリー
Windows XP Home Edition

なお、同製品の展示は新宿駅構内に設けられた“HP Pavilion Cafe”でも行なわれる予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン