このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

Mac miniベースのファイルサーバー利用ログ収集アプライアンスが登場

2006年07月25日 18時20分更新

文● 編集部 西村賢

Mac OS系のプロトコルにも対応

システム開発の(株)インテリジェントワークスは25日、ファイルサーバーへの利用状況を把握するためのログ収集・解析アプライアンス『コンテンツウォッチャー』の販売を開始した。ハードウェアにはインテルのCPUを搭載するMac miniが採用されており、同社が開発したLinuxベースのOS上で稼働する。価格はハードウェア込みで39万9000円。1台で1サーバーに対応し、100台程度のクライアントをサポートできる。アップルストアやシステムインテグレーターを通じて販売し、月間100台の出荷を見込む。

コンテンツウォッチャーは、ファイルシステムのマウント(ログイン)、ファイルやフォルダーの各種操作といった記録をログとしてデータベースとして保存。誰がいつ、どのファイルを開き、どのファイルを削除したかといった記録がすべて残る。保存したログは、ユーザー名、日時、操作の種類などで絞り込み検索ができるほか、レポートとしてPDFファイルに出力できる。また、あらかじめクリティカルなファイルを指定しておけば、アクセス発生時に警告メールを管理者に送る“イエローカード機能”も備える。

対応するファイルサーバーは、Windows 2000 Server、Windows 2003 Server、LinuxなどのSambaサーバー、NASサーバー、Mac OS X Server、Mac OS 9以前のAppleShare IPサーバーなど。ログの管理画面にはブラウザーからアクセスできる。

セットアップはサーバーが接続されているHubに接続し、ログ管理のポリシーや、クライアント・サーバーのIPアドレス、利用者名を設定するだけで完了する。サーバーに新たにソフトウェアを追加するのに比べて、設定は容易で、サーバーに負荷がかからないメリットがある。

2008年4月に施行が予定されている日本版SOX法では、IT統制についても盛り込まれる予定で、ユーザー認証、バックアップ、暗号通信、ログ監視などが義務づけられる。トラブル時の原因究明にログが必須となることから、同社では今秋にもSOX法対応需要が本格的に立ち上がると見る。

接続図 管理画面
ミラーポートを備えるHubに接続して利用する管理はウェブブラウザーで行なう

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART