このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

【速報】東芝、デジタル放送録画に対応したHDD&DVDレコーダーの新ブランド“VARDIA”を発表――デジタルW録が可能な2製品を投入

2006年05月16日 16時16分更新

文● 編集部 広田稔

VARDIA
デジタル放送の録画に対応したHDD&DVDレコーダーの新ブランドとして“VARDIA(ヴァルディア)”を採用

(株)東芝は16日、デジタル放送の録画に対応したHDD&DVDレコーダーの新ブランドとして“VARDIA(ヴァルディア)”を採用し、デジタル放送の2番組同時録画が可能な新製品2モデルを5月下旬に発売すると発表した。ラインアップは、HDD容量が600GBの『RD-XD92D』と400GBの『RD-XD72D』。価格はオープンで、編集部による予想実売価格はRD-XD92Dが16万8000円前後、RD-XD72Dが13万8000円前後。

92D 72D
『RD-XD92D』『RD-XD72D』

東芝によればVARDIAは“Value Added Reserched and Developed Intelligent Architecture”の頭文字をとった造語で、知的な進化を続けるプラットフォームとしての思いを込めて命名したという。

地上デジタル放送における最大録画時間は、RD-XD92Dが約78時間。RD-XD72Dが約52時間となっている。詳細については続報にてお届けする。

特徴1 特徴2
新製品の特徴を示したスライド
ラインアップ 松井
夏商戦のラインアップ。『RD-XD91』が生産終了となるCMはニューヨークヤンキースの松井秀喜氏を継続して起用

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART