このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

NTTドコモ、ケータイクレジット決済サービス“DCMX mini”を開始――表参道にコンセプトカフェを開店

2006年04月28日 22時25分更新

文● 編集部 橋本優

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは28日、おサイフケータイ用のクレジット決済サービス“DCMX”の簡易版で、月々1万円までの利用が可能な“DCMX mini”を開始した。加えて同社は東京・表参道にDCMX決済で飲食できる“DCMX cafe”をオープンした。

表参道にオープンした“DCMX cafe”の外観
お詫びと訂正:本稿掲載当初、一部「DCMA」との記述がありましたが、正しくは「DCMX」です。ここにお詫びし、訂正いたします。(2006年5月1日)

利用限度額が20万円以上となるDCMXサービス(5月下旬に開始予定)では、一般的なクレジットカードと同様に入会審査などが必要となる。一方のDCMX miniは簡単な事前申し込み(ネットワーク暗証番号による本人確認)で、おサイフケータイ(非接触型のFeliCa ICチップを内蔵した同社携帯電話機の愛称)を利用した小額決済を、月々1万円まで利用できる。決済システムは同社のおサイフケータイ用クレジットブランド“iD”のものを利用するが、DCMXおよびDCMX miniではクレジット信販業務も同社が行なうため、利用した金額は携帯電話の料金とともに請求される(DCMXでは請求書を別にすることも可能)。

レジに置かれた“iD”決済用のリーダー/ライター

iD対応店舗であれば、レジなどに置かれているリーダー/ライターにおサイフケータイをかざすことで決済ができる。対応機種はFOMA902i/901i/901iSシリーズおよびP901iTV/F702iDで、現在movaは非対応となっている。

“パルマ産プロシュートとルッコラのサラダ”(左手前、950円)や“野菜たっぷりのビーフシチュー、ブルゴーニュ風温泉卵添え”(右奥、1200円)など、cafeといいながらも豪華な料理が堪能できる

7月中旬までの期間限定で開店したDCMX cafe(東京都港区北青山3-11-7)では、おサイフケータイの展示を行なっているほか、“DCMXオリジナルカクテル”などのオリジナルメニューも用意している。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART