このページの本文へ

デュアルコア“Presler”に続きシングルコア“Cedar Mill”も近日登場予定!?

2006年01月07日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今週、製造プロセス65nmの新型デュアルコア“Presler”を搭載した“Pentium D 9xx”シリーズが発売されたが、アキバの一部ショップでは早くもそのシングルコアモデルと思われる“Pentium 4 6x1”シリーズの予価が掲示され始めた。

Pentium 4 6x1
開発コードネーム“Cedar Mill”コアを搭載する製造プロセス65nmの新型CPU“Pentium 4 6x1”シリーズ

 “Pentium 4 6x1”シリーズは、開発コードネーム“Cedar Mill”コアを搭載する製造プロセス65nmの新型CPU。5日に登場したばかりのデュアルコアCPU“Pentium D 9xx”シリーズのシングルコア版というと分かり易いかもしれない。ラインナップは「Pentium 4 631/641/651/661」。当然2次キャッシュ容量はコア1個分の2MBとなりクロック周波数は3.0GHz(631)/3.2GHz(641)/3.4GHz(651)/3.6GHz(661)というスペックとなるようだが、インテルのウェブサイト上では現在のところ同製品についての情報はOEM向け価格表のみに見られるだけで詳細は不明だ。
 価格表を掲示しているのはクレバリー1号店とUSER'S SIDE本店で、このうちクレバリー1号店によると入荷予定は1月の下旬。予価は「631」がクレバリー1号店で2万3598円、USER'S SIDE本店で2万8329円、「641」がクレバリー1号店で2万8323円、USER'S SIDE本店で3万6225円、「651」がクレバリー1号店で3万5673円、USER'S SIDE本店で5万1240円、「661」がクレバリー1号店で5万1423円、USER'S SIDE本店で7万6440円となっている。

クレバリー USER'S SIDE
左がクレバリー1号店、右がUSER'S SIDE本店の価格表。発売は1月下旬と記載されている
【関連記事】
     
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ