このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

IIJ、RFIDソリューション“IIJ EPC Networkサービス”の提供を開始

2005年09月09日 23時47分更新

文● 編集部

(株)インターネットイニシアティブは9日、インターネットを利用するRFID(Radio Frequency IDentification)の国際標準規格“EPCglobal Network”に準拠したサービス“IIJ EPC Networkサービス”を10月から提供すると発表した。

“IIJ EPC Networkサービス”は、RFIDタグ(無線ICタグ)に格納される情報“EPC(Electronic Product Code)”や関連した情報(属性情報/履歴情報)を、インターネット上で汎用的に登録/参照/変更できるようにするサービス。EPC情報の登録/参照/変更のためのデータベース“EPCIS(EPC Information Service)”サーバーの運用/管理を行なう“EPCISサーバ”と、EPCとEPCISを関連づける“ONS(Object Name Service)”サーバーの運用/管理を行なう“EPCネームサーバ”の2つのサービスで構成され、EPCに関する情報を検索するための“EPCIS Discoveryサーバ”も用意する。これらの機能はSOAPを利用したウェブサービスとして提供するという。そのほか、システム開発者向けに、EPCglobal Networkに準拠した基本ライブラリー『IIJ EPC Networkソフトウェア』も提供する予定としている。

サービスは、個別に構築/運用を行なう“プレミアム”、IIJデータセンター内に構築したサーバーを利用する“スタンダード”、限定的に試行導入するユーザー向けの“トライアル”をラインアップする。スタンダードとトライアルの提供は2006年1月に開始する予定。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART