このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニーマーケティング、カラー有機ELディスプレーを搭載した“クリエ”『PEG-VZ90』を発売

2004年09月14日 23時22分更新

文● 編集部

ソニーマーケティング(株)は14日、Palm OSを搭載した携帯情報端末“CLIE(クリエ)”の新製品として、初めてカラー有機ELディスプレーを搭載した『PEG-VZ90』を25日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は9万5000円前後

『PEG-VZ90』
『PEG-VZ90』

『PEG-VZ90』は、480×320ドット表示の3.8インチカラー有機ELディスプレーを搭載し、操作部を本体に収納できる横型デザインを採用したのが特徴。有機ELは有機材料に電流を流すことで自ら発光する自発光型のデバイス。色再現性とコントラスト比が高く、応答速度も速いことからブラウン管と同等以上のカラーの動画表示を行なえるという特徴を持つ。『PEG-VZ90』が搭載する有機ELディスプレーは、輝度が150cd/m2、視野角が上下/左右180度、コントラスト比が約1000:1、応答速度が10マイクロ秒で、26万2144色表示に対応。ただし『PEG-VZ90』では6万5536色表示となる。

CPUには123MHz動作の“Handheld Engine”を搭載し、メモリーはDRAM(64MB、ユーザー使用可能領域40MB)と内蔵メディア(フラッシュメモリー、ユーザー使用可能領域95MB)を搭載する。インターフェースは、USB、赤外線ポート、AVリモコン用ポート、ヘッドホン(ステレオミニジャック)を装備し、IEEE 802.11b準拠の無線LAN機能(128bit/64bit WEP対応)を搭載する。拡張スロットはメモリースティックスロットのほか、CFカードスロットも用意されており、CF型のPHSデータ通信カード『AH-S405C』(セイコーインスツルメンツ(株)製)も利用できる(マイクロドライブには非対応)。本体サイズは幅109×奥行き23×高さ87mm、重量は約270g。本体前面中央下方にAVコンテンツの操作を行ないやすくするための“ディスクジョグ”を装備する。OSには日本語版Palm OS 5(Ver.5.2.1)を搭載する

本体をクローズしてUSBクレードルを装着した様子
本体をクローズしてUSBクレードルを装着した様子

有機ELの採用とともにAV機能も強化されており、アプリケーションとして、新たに動画/音楽/静止画ファイルの一覧表示や再生が行なえるソフト『メディアランチャー』を搭載。これには“メディアランチャー「Movie」”、“メディアランチャー「Music」”、“メディアランチャー「写真」”の3つの機能が用意されている。「Movie」ではメモリースティック/内蔵メディア/CFに記録した動画や、パソコンで録画したテレビ番組などをCLIE MP4形式に変換したものなどを再生でき、サムネイルやタイトルの編集も行なえる。「Music」では、メモリースティック/内蔵メディア/CFに記録した音楽を内蔵ステレオスピーカーで再生できる。付属の密閉形インナーイヤー方式ステレオヘッドホンとオーディオリモコンも利用可能。「写真」では、静止画(写真)の全画面表示が行なえる。

再生画像サイズは、動画が426×320ドット/320×240ドット/160×112ドット、静止画が480×320ドット/240×320ドット/160×120ドット。再生フォーマットは動画がCLIE MP4形式(MPEG-4準拠)、QuickTime形式、MPEGムービー(MPEG-1準拠)で、静止画がJPEG(DCF準拠)。CLIE MP4形式では、320×240ドット/毎分30フレーム(768kbps)、320×240ドット/毎分15フレーム(384kbps)などで再生できる。オーディオ機能は、圧縮方式にATRAC3方式(44.1kHz/132kbps)/MP3方式44.1kHz/32kbps~320kbps)を採用する。

そのほか、予定表/アドレス/To Do/手書きメモ/メモ帳便利情報などを含む手書き感覚のデジタル手帳『新・手帳機能(クリエ オーガナイザー』”や、ウェブブラウザー『NetFront v3.1 for CLIE』を搭載し、コンテンツをCLIE MP4形式に変換するソフト『Image Converter 2 for CLIE MP4』も付属する。

電源は大容量バッテリー(リチウムイオンポリマー充電池)を内蔵し、動画なら約4時間、音楽なら約42時間の連続再生が行なえる。無線LAN機能で連続通信した場合の使用時間は約3時間/約14時間(減光モード)。手帳機能を利用(減光モードで1日30分使用)した場合の使用可能時間は約18日間。

製品パッケージには、装着したままクレードルにセットできる専用キャリングケースが付属する。色は本体に合わせたブラック。そのほか、USBクレードル、ACアダプター、プラグアダプター、スタイラス、ハンドストラップ、インストールCD-ROMが付属する。USB接続可能なパソコンは、Pentium II-400MHz以上を搭載し、メモリーを96MB以上(Windows XPでは256M以上推奨)搭載したPC/AT互換機。対応OSはWindows XP/2000 Professional。

ソニーが有機ELディスプレーパネルの量産開始を発表

『PEG-VZ90』の発表に合わせて、ソニー(株)から有機ELディスプレーの量産開始も発表された。

3.8インチ有機ELディスプレーパネル
『PEG-VZ90』に搭載する3.8インチ有機ELディスプレーパネル

量産を開始した有機ELディスプレーは、独自の“Super Top Emission(スーパー トップ エミッション)”方式を採用し、輝度を高めるとともに、ブラウン管を超える色再現性を持たせたのが特徴で、厚さも2.14mmと薄くなっている。下部電極の方向に光を出す“Bottom Emission(ボトム エミッション)”方式と比べ、“Super Top Emission”方式では開口率を大きくとれるため高輝度化が図れるという。また、RGB各素子ごとの有機膜層厚を最適化し、反射光による多重干渉を起こさせることで純度の高い発光が得られる“キャビティ(多重反射干渉)構造”を採用したことにより、ブラウン管を超える色再現性を実現したという。

構造図
“Super Top Emission”方式と“キャビティ(多重反射干渉)構造”

画面サイズは3.8インチ(対角97mm)。ドット数は480×RGB×320で、ドットピッチは56×168μm。表示色数は26万2144色、輝度は150cd/m2。応答速度が0.01ミリ秒。色再現性(NTSC面積比)が約100%。視野角が上下/左右約180度。コントラスト比が約1000:1。パネルのサイズは幅94.7×奥行き77.2×高さ(厚さ)2.14mm。

ちなみに、同社の同等なサイズの透過/反射型液晶ディスプレーでは、輝度が55cd/2、応答速度が16ミリ秒、色再現性が約40%、視野角が上下約130度/左右約125度、コントラスト比が約100:1。パネルの厚さはバックライト込みで3.49mmであるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART