このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

サイバーショットDSC-F88編 第2回

サイバーショットDSC-F88編 第2回

2004年08月20日 10時06分更新

文● 小林 伸

サイバーショットDSC-F88編 第2回

ソニーマーケティング

オープンプライス

稲垣智実ちゃん
稲垣智実ちゃん。生年月日:1979年6月9日生まれ。出身:埼玉県。身長:150cm。スリーサイズ:83-59-84cm。血液型:O型。趣味:お笑い鑑賞と歌。芸歴:EZweb公式サイト“桃色☆アイドル一週間”

 先週から始まった“ASCII24 Club ポートレート”では、毎月決まったデジタルカメラなどにスポットをあて、プロカメラマンがモデルの女の子とともに、操作感や画質などをレビューします。8月はソニーマーケティング(株)の“サイバーショット”「DSC-F88」にスポットを当て、前回(こちらの記事参照)は基本性能を紹介しました。今週号は、DSC-F88を東京・台場に持ち出して、モデルの稲垣智実ちゃんとともに、そのレスポンスや機能をチェックしていきます。カメラマン(レビュアー)は小林 伸氏で、小林氏の作例とともに、カジュアルなデジタルカメラユーザー代表(!?)として智美ちゃんによる作例も掲載します。





休暇前に必ずチェックしたいシーンセレクション機能

智美ちゃん(1)「シーンの切り替えはどこでできるんですか? 」(智美ちゃん) 「メニュー画面の下に“SCN”ってあるでしょ? そこで十字ボタンを上下してみて」(カメラマン) 「あ! でも、ここって普段あまり見ない画面ですよね!?」(智美ちゃん)――直感的な操作ができる工夫がなされているだろうが、初心者にはまだまだ敷居が高い様子(DSC-F88で2592×1944ドットで撮影したものを、640×480ドットにリサイズ)
“SONY Flash on ASCII”
「MZ-NH1」はこちらから購入いただけます。画像をクリックするとアスキーとソニースタイルのコラボレーションサイト“SONY Flash on ASCII”に移動します。

 前回、DCS-F88は自分撮りやペットの撮影で女性層から支持を得ていることを紹介した。DSC-F88は絞りやシャッタースピードが設定できるマニュアル撮影機能を備えているが、デジタルカメラの初心者層にはこうしたマニュアル撮影は少々敷居が高いだろう。そこで役立つのが“シーンセレクション”機能だ。

 例えば、真夏の海岸での太陽がギラギラ輝いている雰囲気や、冬のスキーゲレンデで雪原がキラキラと反射している雰囲気は、紫外線の影響もあってホワイトバランスが狂いやすい。カメラに詳しい人ならマニュアルでホワイトバランスを設定しなければ色味が偏るとわかっていても、初心者にはどうすればいいかわからないものだ。そうした知識がなくても、それぞれシーンセレクション機能の“ビーチモード”と“スノーモード”を使えばカメラが自動でホワイトバランスなどを設定してくれる。

 そのほか、夏休みに使う機会が多そうなシーンセレクション機能のモードとしては、夏山登山やハイキングで遠くの風景にしっかりとピントが合うように自動調節する“風景モード”、長時間シャッターを開けっ放しにして複数の花火が暗い夜空に浮き上がるように撮影できる“打ち上げ花火モード”などがある。特に花火は、普通に撮ろうとすると、シャッターの空いている時間が短いのでなんとなく寂しい写真になってしまうが、こうした失敗を防げる。なお、打ち上げ花火モードを使用する場合は、手ブレ防止のために三脚を併用することをおすすめする。

 各シーンの選択はモードダイヤルを“SCN”に合わせた上で、メニュー画面より撮影状況にあったシーンのアイコンを選択すればよい。カメラが状況に合わせて自動的にシーンを選択するのではなく、あくまでも“ユーザーが手動で選ばなくてはならない”ので、注意が必要だ。また、シーンセレクションのアイコン以外にテキストによる説明はないので、あらかじめそのアイコンの意味を取扱説明書などで覚えておく必要がある。



海岸で撮影 室内で撮影
東京・台場の海岸で撮影室内で撮影。複合商業施設“メディアージュ”にあるショールーム“お台場ソニースタイル”にて
カメラマンによる作例。左は“ビーチモード”で撮影したが、今回はモードの選択を失敗したといえる。なぜなら、海そのものが画面の中にほとんど入っていないし、天気が曇っていたので、肌色を明るく温かい色調に調節する“ソフトスナップモード”の方が、より雰囲気が出せただろう。右は、ショールーム内の照明がかなり暗かったので、智美ちゃんに身動きしないように声をかけて、“夜景&人物モード”でフラッシュを発光禁止で撮影してみた。撮影現場の光の雰囲気が良く出ている(2枚とも、DSC-F88で2592×1944ドットで撮影したものを、640×480ドットにリサイズ)

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン