このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

クリエイティブメディア、デジタル入出力モジュール付きのサウンドカード『Sound Blaster Audigy 2 Value Digital Audio』を発売

2004年08月18日 13時38分更新

文● 編集部

クリエイティブメディア(株)は18日、DVD-AudioやEAX 4.0 ADVANCED HDに対応し、デジタルI/Oモジュールが付属する『Sound Blaster Audigy 2 Value Digital Audio』を8月下旬に発売すると発表した。価格は9380円。直販サイト“クリエイティブオンラインショップ”では8379円で販売する。併せて、プロ向けオーディオ製品“Creative Professional E-MU”シリーズ用のアップグレードオプション4製品を8月下旬に発売する(オンライン販売のみ)。

製品パッケージ
『Sound Blaster Audigy 2 Value Digital Audio』

『Sound Blaster Audigy 2 Value Digital Audio(サウンド ブラスター オーディジー 2 バリュー デジタル オーディオ)』(SBAGY2FDA)は、“Audigy 2”プロセッサーを搭載し、Dolby Digital/Dolby Digital EXのデコードやオーディオAPI“EAX 4.0 ADVANCED HD”に対応したPCIバス用サウンドカード。D/Aコンバーターは24bit/192kHz/8チャンネル対応で、24bit/192kHz/2チャンネルの“Advanced Resolution”DVD-Audioの再生や、24bit/96kHz/7.1チャンネルのWindows Media Audio 9 Professionalの再生が可能。

最大で24bit/192kHzの再生と24bit/96kHzの録音に対応しており、インターフェースは、ライン入力が24bit/96kHz/2チャンネル、ライン出力が24bit/192kHz/2チャンネルまたは24bit/96kHz/7.1チャンネル、S/PDIFデジタル入力が32k/44.1k/48k/96kHzに、S/PDIFデジタル出力が44.1k/48k/96kHz(Dolby Digital/DTSパススルー対応)に対応している。ライン出力のS/N比は106dB。S/PDIFはサンプリングレート変換のない入出力にも対応している。

デジタルI/Oモジュールとカード
デジタルI/Oモジュール(左)とカード(右)

カードのブラケット部分には、ライン入力端子(ステレオミニジャック×1)、ライン出力端子(ステレオミニジャック×1、四極ミニジャック×2)、マイク入力端子(ミニジャック×1)、デジタルI/Oモジュール用端子(デジタルI/Oジャック×1)が用意されている。付属するデジタルI/Oモジュールには、S/PDIF入力端子(同軸RCA×1、光×1)、S/PDIF出力端子(同軸ミニジャック×1、同軸RCA×1、光×1)が備わっている。

対応機種はPCI 2.1対応PCIスロットを搭載し、Pentium III-800MHz以上のCPUを搭載したPC/AT互換機。DVD-Audioの再生には、Pentium III-1.0GHz以上、メモリー256MB以上が必要。対応OSは、Windows XP SP1以上/2000 Professional(SP3以上)/Me。デバイスドライバーは、MME、WDM、DirectSound、ASIO 2.0に対応する。アプリケーションとして、DVD-Audio専用プレーヤーソフト『Creative MediaSource DVD-Audio プレーヤー』、録音ソフト『Creative Smart Recorder』、データフォーマット変換ソフト『Creative Audio Converter』、WAV編集ソフト『Creative WaveStudio』が付属する。

製品パッケージ『Beat Shop Two』

Creative Professional E-MU”用アップグレードオプションは、サンプリングソフト『Emulator X ソフトウェア』をアップグレードするための『Emulator X ソフトウェアアップグレード』(EMU-EMUXSW)、1GB以上のドラムリズムパターンを収録した専用ライブラリー『Emulator X 専用ライブラリーBeat Shop Two(ビートショップ2)』(EMU-EXBS2)、24bit/192kHzのA/D&D/Aコンバーターを搭載し、最大18入力/20出力に対応する外付けブレイクアウトボックス『AudioDockM(オーディオドック エム)』(EMU-ADOCKM)、複数のデジタル機器などの同期をとるための専用カード『Sync ドーターカード』(EMU-SYNC)の4製品をラインアップする。価格は順に、1万5750円、9765円、3万6750円、1万500円。

本体正面 本体背面
本体正面本体背面
『AudioDockM』
ドーターカード
『Sync ドーターカード』

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン