このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

ソニー、スリムモバイルノートDo VAIO:PC.“type 505 EXTREME”『PCG-X505CP』を発表

2004年07月01日 20時31分更新

文● 編集部 新海宏一郎

ソニー(株)とソニーマーケティング(株)は1日、スリムモバイルノートパソコンDo VAIO:PC.“type 505 EXTREME(エクストリーム)”『PCG-X505CP』を10日に発売すると発表した。価格はオープン。販売は店頭と同社の直販サイト“ソニースタイル”で行なう。編集部による予想販売価格は25万円前後。

VAIO type 505 EXTREME(PCG-X505CP)
VAIO type 505 EXTREME(PCG-X505CP)

Do VAIO:PC.“type 505 EXTREME”は、“持つ喜び”“見せる喜び”をコンセプトにしたスリムモバイルノートパソコン。同シリーズは2003年11月に“バイオノート505エクストリーム”として発表され、今年の5月11日の2004年夏モデルの発表時にシリーズ名称が変更された。専用に開発されたMDメディアサイズ(幅約72×奥行き約68×高さ約8mm)のマザーボードのほか、筐体に0.1mmのカーボンシートを重ね合わせることで、強度と軽量化を実現した“カーボンファイバー積層板”(直販モデルの『PCG-X505/SP』)や、“ニッケル強化カーボンモールド”(店頭モデルの『PCG-X505/P』)を採用したことなどが特徴。

今回発表された『PCG-X505CP』は、『PCG-X505/SP』の後継機種にあたる。主な変更点は、CPUをより高速な超低電圧版Pentium M-1.10GHzに、筐体カラーをブラックに変更し非光沢加工を施したほか、重量を5g軽くして約780gにした点が挙げられる。筐体はカーボンファイバー積層板の上に、ブラック塗装を施すことで、強度と軽量性を保ったまま指紋を付きにくくしたという。また、新たに天面の“VAIO”のロゴを鏡面仕上げの“ルミナスシルバー”に変更している。従来付属していた、USB光学式マウス『PCGA-UMS505』や“クリーニングクロス”“アクセサリーケース”は付属しなくなり、ワイヤレスLAN PCカード『PCWA-C300S』はオプションに変更された。

お詫びと訂正:当初、『PCG-X505CP』は、『PCG-X505/P』の後継機種と記載していましたが、正しくは『PCG-X505/SP』の後継機種でした。ここにお詫びし訂正いたします。
『PCG-X505CP』の天面
『PCG-X505CP』の天面

ソフトウェアでは、新たにデジタルコンテンツレコーダー・プレーヤー『Do VAIO Ver.1.0』(5月10日の名称変更時のモデルにはプレインストールされていない)や、(株)アーク情報システムのHDDバックアップソフト『HD革命Backup Lite』などをプレインストールしている。また、従来CD-ROMからリカバリーを行なう方式を採用していたが、ユーザーからの「外付けCD-ROMドライブを用意しなければリカバリーできないのは不便」という声に応えて、リカバリーCDの代わりに、HDDからリカバリーが行なえる“HDDリカバリー”方式(リカバリー領域2GB、CD-Rなどに書き出せるツールが付属する)を採用している。

主な仕様は、チップセットにインテル855GM(グラフィックスアクセラレーター機能内蔵、ビデオメモリーは最大64MBをメインメモリーと共有)、メモリーにPC2100準拠のDDR SDRAM512MB(固定)を搭載。HDDは約20GB(1.8インチ、Ultra ATA/100)を内蔵する。10.4インチXGA対応のTFTカラー液晶ディスプレー(1024×768ドット/1677万色)を搭載する。

本体、外箱、キャリングケース
5月のVAIOシリーズ一新に合わせて外箱のデザインを変更している

インターフェースは、USB 2.0×2、IEEE 1394(4ピン)、ステレオヘッドホン出力(ステレオミニジャック)、“ディスプレー/LANアダプター”用コネクター(D-Sub 15ピン、10/100BASE-TX対応)などを、拡張スロットはPCカード(TypeII×1、CardBus対応)を装備する。

本体サイズは幅259×奥行き208×高さ21(最薄部9.7)mm、重量は約780g。電源はACアダプターまたはリチウムイオンバッテリーで、バッテリー駆動時間は約3時間(JEITA測定法1.0)。OSはWindows XP Professional SP1a。付属アプリケーションは下記の通り。

  • オプションの書き込み型DVDドライブを接続することでTV録画や音楽再生が行なえるデジタルコンテンツレコーダー・プレーヤーソフト『Do VAIO Ver.1.0』
  • DV動画/静止画入出力および簡易編集ソフト『DVgate Plus Ver.1.2』
  • インタービデオジャパン(株)のDVD再生ソフト『WinDVD 5 for VAIO』(ドルビーバーチャルスピーカー/ドルビーヘッドホン対応)
  • 音楽CDやインターネット上で配信される音楽などの管理/再生/録音ソフト『SonicStage Ver2.0』
  • ネットワーク上の静止画/音楽/ビデオサーバーソフト『VAIO Media Integrated Server Ver.3.0』をインストールしたVAIOに保存されている静止画/音楽/ビデオや受信中のテレビ放送を閲覧/視聴できる統合プレーヤー『VAIO Media Ver.2.6』
  • ネットワークでつながったバイオと他のパソコンとの間で、フォルダーの同期が自動的に行なえるファイル同期ツール『VAIO Synchronizer Ver.1.1』
  • ネットワーク自動切り替えソフト『Smart Network Ver.2.2』
  • (株)シマンテックのウイルス対策ソフト『Norton AntiVirus 2004』
  • (株)ヴァル研究所の電車交通案内ソフト『駅すぱあと LE』
  • (株)アーク情報システムのHDDバックアップソフト『HD革命Backup Lite』

付属品は“ディスプレー/LANアダプター”『PCGA-DLA1』と専用キャリングケース『PCGA-CK505』の2つ。オプションとして、メモリースティック/メモリースティックPRO/SDメモリーカード/MMC/スマートメディア対応メモリーカードアダプター『VGP-MCA10』、IEEE 802.11a/b/g対応ワイヤレスLAN PCカード『PCWA-C800S』、24地域対応グローバルカードモデム『PCGA-CM100』などを用意する。なお、直販モデル『PCG-X505/SP』は在庫限りで販売を終了する。

お詫びと訂正:当初、直販モデル『PCG-X505/SP』は継続販売されると記載していましたが、在庫限りでした。ここにお詫びし訂正いたします。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART