このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

JR西日本など4社、山陽新幹線の主要駅で無線LANサービスを開始

2004年05月31日 17時06分更新

文● 編集部

西日本旅客鉄道(株)、西日本電信電話(株)、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)、日本テレコム(株)の4社は31日、山陽新幹線主要駅など10駅の待合スペースなどで、無線LANインターネット接続サービスの提供を開始すると発表した。6月7日に新大阪/新神戸でサービスを開始し、7月に姫路/岡山/福山/広島新/山口/小倉/博多でサービスを開始する予定。大阪については準備中という。

サービスイメージ
サービスイメージ

提供するサービスは、NTT西日本の“フレッツ・スポット”、NTT Comの“ホットスポット”、日本テレコムの“モバイルポイント”。利用可能エリアにはステッカーを掲示する。

ステッカーステッカー

今回開始するサービスは、2003年10月から2004年3月まで、JR西日本、NTT西日本、NTT Comが共同実験を行なった、1個のアクセスポイントを複数の無線LANサービス事業者が共用する“共用型無線LAN方式”を採用して提供する。なお、共用型無線LAN設備の設置/運用は、西日本電気システム(株)、(株)NTTネオメイトが行なうとしている。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART