このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

イーレッツ、“ドッキングベイ対応”の小型ファンレス静音パソコン『Be Silent M』を発売

2003年12月19日 19時41分更新

文● 編集部 新海宏一郎

イーレッツ(株)は19日、小型静音パソコン“Be Silent(ビーサイレント)シリーズ”に新たにUSB 2.0/IEEE 1394ポートを搭載し、CD-ROMドライブを内蔵できる“CD-ROMドッキングベイ”を増設可能な『Be Silent M』の出荷を2004年1月上旬に開始すると発表した。価格はオープンプライス。編集部による予想実売価格はメモリーとHDD無しモデル(PC-M6000E)が4万5000円前後、メモリー256MB/HDD40GB/CD-ROMドッキングベイ付OS無しモデル(PC-M6000B/2-40E)が8万円前後。同社直販サイトの“イーレッツダイレクト”では19日から受注する。

『Be Silent M』本体
『Be Silent M』本体

『Be Silent M』の製品ラインナップ

PC-M6000E
メモリー/HDD/OS無し
4万5000円前後
PC-M6000B
メモリー/HDD無し、CD-ROMドッキングベイ付属(光ドライブはオプション)、OS無し
5万円前後
PC-M6000BA/2-40E
メモリー256MB/HDD40GB/CD-ROMドッキングベイ+CD-ROMドライブ(読み込み24倍速)、OS無し
8万円前後
PC-M6000/2-40E
メモリー256MB/HDD40GB、OS無し
7万円前後
PC-M6000BA/2-40W(イーレッツダイレクトでのみ販売)
メモリー256MB/HDD40GB/Windows XP Professional
8万9800円
PC-M6000BA/2-40R(イーレッツダイレクトでのみ販売)
メモリー256MB/HDD40GB/Red Hat Linux 9
7万9800円
PC-M/OB(オプションのCD-ROMドッキングベイ)
7000円前後

『Be Silent M』と“CD-ROMドッキングベイ”をドッキングしたところ
『Be Silent M』と“CD-ROMドッキングベイ”をドッキングしたところ
『Be Silent M』は台湾VIA Technologies社の低消費電力x86互換CPU『VIA Eden ESP 6000』(動作周波数は600MHz)を搭載し、大型ヒートシンクと外部ACアダプターを使用することで、CPUファンと、内蔵電源(およびファン)を排除した静音設計が特徴。今回新たにユーザーから要望が多かったUSB 2.0とIEEE 1394ポートを搭載し、外付けドライブなどの高速転送に対応した。



『Be Silent M』背面
『Be Silent M』背面
主な仕様は、チップセットに“VIA CLE266/VT8235”を搭載し、グラフィックスアクセラレーター機能はチップセット内蔵機能を利用(メインメモリーのうち最大64MBを共有)、PC2100準拠DDR SDRAMスロット×1を搭載しており、最大で1024MB搭載可能。HDDはUltraATA/133/100/66対応IDEで接続し、内蔵ベイには2.5インチHDDを最大2台搭載可能(“CD-ROMドッキングベイ”を装着していない状態では1台のみ搭載可能)。 インターフェースはシリアル、パラレル、USB 2.0×4、IEEE 1394×2、PS/2×2、アナログRBG出力、S/PDIFもしくはTVOUT出力(RCAピンジャック、マザーボード上のスイッチで切り換え)、S-VIDEO出力、Line-in/out/MIC(ステレオ3.5mmジャック、MICはモノラル)、10/100BASE-TX準拠のEthernet。なお、Line-in/out/MICはオプションのステレオ2系統分岐ケーブル×3とスピーカー×6を用意すればソフトウェア上の切り換えで6ch出力に対応。 電源は付属のACアダプター(DC12V/4A)により供給する。本体サイズは幅204×奥行き197×高さ73mmで、重量は約2.6kg。Windows 98 SE/Me/2000/XP、Linux対応のデバイスドライバーCDが付属する。

前モデルの『Be Silent』(PC-S667/2)のCPUは『VIA Eden ESP 6000』(動作周波数は667MHz)を搭載しており動作周波数は下がっているが、同社マネージャーの奥川氏によるとDDR SDRAMメモリーの採用(前モデルはPC133準拠SODIMM)とチップセット内蔵グラフィックス機能の高速化によって、使用上の体感速度は向上しているという。

同社では『Be Silent M』の発売を記念して、26日までに“イーレッツダイレクト”で注文した場合、『PC-M6000E』を3万9800円、『PC-M6000B』を4万4800円、『PC-M6000BA/2-40E』を6万9800円で販売するキャンペーンを行なうとのこと。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART