このページの本文へ

ありそうでなかったCFカードスロット用4in1カードリーダがプラネックスから

2003年02月25日 23時18分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
MRW-4C

 CF(コンパクトフラッシュ)スロットに差して使うという、これまで意外にありそうでなかったカードリーダ「MRW-4C」がプラネックスから発売された。



パッケージ裏

 コンパクトフラッシュType IIスロットに対応し、MMC(マルチメディアカード)、メモリースティック、SDメモリーカード、スマートメディアに対応する4in1タイプとなっており、前者3タイプ供用スロット×1とスマートメディアスロット×1の2スロット構成。なおMagicGate対応メモリースティックには対応しない。
 対応OSはWindows 98以降およびWindows CE3.0、Mac OS 8.6以降。サイズは110(W)×85(D)×21(H)mmで、さすがにスロットに差すと大きく飛び出してしまうことになるが、PDAでほぼ全てのメディアが扱えるようになるというのは有難いといえよう。本日入荷したのはコムサテライト3号店で、予価は3780円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ